マツバウンラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マツバウンラン
Linaria canadensis
Linaria canadensis
(2007年4月27日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : 真正キク類I Euasterids I
: シソ目 Lamiales
: オオバコ科 Plantaginaceae
: キンギョソウ連 Antirrhineae
: マツバウンラン属 Nuttallanthus
: マツバウンラン N. canadensis
学名
Nuttallanthus canadensis
(L.) D.A.Sutton[1]
シノニム

Linaria canadensis (L.) Dum.Cours.

英名
Canada toadflax, oldfield toadflax

マツバウンラン(松葉海蘭、学名: Nuttallanthus canadensis)は、ゴマノハグサ科ウンラン属一年草または二年草。葉の形が松葉、花がウンラン (Linaria japonica) に似ていることからこの名がついた[2]

形態・生態[編集]

高さは20〜60cmで、先端に紫色のをつけ、下の方に細長いをつける。花期は4〜6月。

分布[編集]

北アメリカ原産の帰化植物[2]日本国内では本州四国及び九州に帰化し、日当りの良い場所に生える。

下位分類[編集]

変種オオマツバウンラン (L. canadensis var. texana) がある。マツバウンランに比べて花が大きく、中央の白斑がないのが特徴。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Nuttallanthus canadensis”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年4月26日閲覧。
  2. ^ a b 岩槻秀明 『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本 : handy & color illustrated book : 収録数550種超!』 秀和システム2006年ISBN 4-7980-1485-0

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]