マット・ブライアント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マット・ブライアント

Matt Bryant
アトランタ・ファルコンズ No. 3

Matt Bryant 2013.jpg
プレースキッカー
生年月日:1975年5月29日(39歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州オレンジ
身長:5' 9" =約175.3cm 体重:200 lb =約90.7kg
NFLデビュー
2002年ニューヨーク・ジャイアンツ
経歴
大学ベイラー大学
ドラフト外(2002年
 所属チーム:
通算成績
(2013年までの成績)
通算得点     1,134点
FG成功     257/303(84.8%)
PAT成功     363/367(98.9%)
FG成功最長     62ヤード
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

マット・ブライアント(Matt Bryant 1975年5月29日- )はテキサス州オレンジ出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLアトランタ・ファルコンズに所属している。ポジションはプレースキッカー

経歴[編集]

高校時代は、アメリカンフットボールと野球をしていた。テキサス州アセンズのトリニティバレー・コミュニティカレッジに進学、NJCAA英語版のオールアメリカンに2年間選ばれ、1994年には全米チャンピオンとなった。その後オレゴン州立大学に編入したが、後にベイラー大学に転校、大学史上5位の21FG、42PAT(大学史上初めて、エクストラポイント成功率100%)を成功、105得点をあげた[1]。1998年のNFLドラフトでは指名されず、ポーンショップでおよそ3年働いた後[2]、トレーナーとなった。

アリーナフットボールリーグアイオワ・バーンストーマーズNFLヨーロッパフランクフルト・ギャラクシーでプレーした後、2002年、フリーエージェントで、ニューヨーク・ジャイアンツと契約を結んだが、いったんカットされプラクティススクワッドに入れられた。オーウェン・ポッチマン故障者リスト入りしたことからロースター入りした。その年、最終週のフィラデルフィア・イーグルス戦でオーバータイムに決勝FGを決めて、チームはプレーオフに出場した。サンフランシスコ・フォーティナイナーズとのワイルドカードプレーオフでは、38-39と1点差で迎えた残り6秒に41ヤードのFGを狙う機会があったが、トレイ・ジャンキンのスナップミスによりFGは蹴れず、チームは敗れた。2003年、負傷のため5試合に欠場、チームは4勝12敗に終わり、シーズン終了後解雇された[3]2004年、10月初めにインディアナポリス・コルツと契約し、1試合に出場し、5本のPATを成功したが、44ヤードのFGを失敗、試合翌日にウェーバーされた。オリンド・メアが負傷したマイアミ・ドルフィンズと10月13日に契約し[2]、3試合プレーした。

2005年タンパベイ・バッカニアーズと契約、2006年10月22日のフィラデルフィア・イーグルス戦では、試合終了と同時に62ヤードの逆転FGを成功した[1]。62ヤードのFGは、NFL記録である63ヤードのFG[4]に次ぐ長さのものであった。翌10月23日、タンパ市長のパム・イオリオは、10月23日をマット・ブライアントの日とした。

2007年12月の試合で11本中10本のFGを成功、NFC最優秀月間選手スペシャルチーム部門に選ばれた[5]

2008年、第4週のグリーンベイ・パッカーズ戦の4日前に生後3ヶ月の息子を乳幼児突然死症候群で亡くしたが、3FGを決めて勝利に貢献した[6]

2009年の開幕前、マイク・ヌージェントとのポジション争いに敗れて、バッカニアーズから解雇され[7]、UFLのフロリダ・タスカーズと契約を結んだ[1]同年12月1日、ジェイソン・イーラムの代役として、アトランタ・ファルコンズと契約した[1]

2010年の第12週、グリーンベイ・パッカーズ戦では決勝FGを成功させた[8]

2011年7月、ファルコンズと4年契約を結んだ[9]

2012年の第4週、カロライナ・パンサーズ戦では残り5秒に40ヤードの逆転FGを成功させた[10]。第5週のワシントン・レッドスキンズ戦では第4Qに53ヤードの同点FGを成功、敵地での勝利に貢献した[11]。第6週のオークランド・レイダーズ戦では第1Qに43ヤードのFGを失敗し、前年から続いた連続FG成功が23本で途切れたが、55ヤードの決勝FGを成功、ファルコンズの開幕からの6連勝に貢献した[12]。第13週のニューオーリンズ・セインツ戦でも55ヤードのFGを成功している[13]シアトル・シーホークスとのディビジョナルプレーオフでは残り31秒にマーショーン・リンチにTDを決められて27-28となった後、残り8秒に49ヤードの決勝FGを成功させた。決勝FGを蹴った際、最初右に外してしまったが、シーホークスのヘッドコーチ、ピート・キャロルがプレーが始まる直前にタイムアウトを取っていた。蹴り直しのFGを成功、チームはNFCチャンピオンシップゲームに進出した[14]

2013年、第13週のバッファロー・ビルズ戦ではオーバータイムに36ヤードのFGを成功し、チームの連敗を5で止めた[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Matthew Asher (2012年10月9日). “The Road Less Traveled: Falcons Kicker Matt Bryant Has Seen It All”. CBS. 2013年1月3日閲覧。
  2. ^ a b Harvey Fialkov (2004年10月22日). “Bryant Bails On Pawnshop For Nfl”. サン・センティネル. 2013年1月3日閲覧。
  3. ^ Hank Gola (2012年1月6日). “Atlanta Falcons Matt Bryant is still kicking after NY Giants signed the former Texas pawn shop worker in 2002”. ニューヨーク・デイリーニューズ. 2013年1月3日閲覧。
  4. ^ 1970年トム・デンプシー1998年ジェイソン・イーラム2011年セバスチャン・ジャニカウスキー2012年デビッド・エイカーズ
  5. ^ Jim Flynn (208-01-02). “Bryant Named Special Teams Player Of The Week”. pewterreport.com. 2013年1月3日閲覧。
  6. ^ バッカニアーズ 悲嘆に暮れるブライアントの活躍で勝利”. AFP (2008年9月29日). 2013年1月3日閲覧。
  7. ^ Rick Stroud (2009年9月1日). “Tampa Bay Buccaneers appear ready to release kicker Matt Bryant”. タンパベイ・タイムズ. 2013年1月3日閲覧。
  8. ^ アメリカズゲーム 〜スーパーボウルチャンピオンズ〜 第45回スーパーボウル
  9. ^ Falcons Re-Sign Veteran PK Matt Bryant”. yardbarker.com (2011年7月30日). 2013年1月3日閲覧。
  10. ^ ファルコンズ開幕 4連勝 残り 5秒で 40yFG決める”. TSP SPORTS (2012年10月1日). 2013年1月3日閲覧。
  11. ^ ファルコンズが初の開幕5連勝、RG3をノックアウト”. NFL JAPAN (2012年10月9日). 2013年1月3日閲覧。
  12. ^ 失敗を教訓に、ベテランKがファルコンズ6連勝に貢献”. NFL JAPAN (2012年10月15日). 2013年1月3日閲覧。
  13. ^ ファルコンズ、QBブリーズ封じで雪辱果たす”. NFL JAPAN (2012年11月30日). 2013年1月3日閲覧。
  14. ^ ファルコンズがシーホークスを抑えカンファレンス決勝進出”. AFP (2013年1月14日). 2014年1月28日閲覧。
  15. ^ ファルコンズ連敗 5でストップ 延長でビルズ下す”. TSPスポーツ (2013年12月2日). 2014年1月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]