マット・ウインタース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マット・ウインタース
Matt Winters
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州バッファロー[1]
生年月日 1960年3月18日(54歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1978年 MLBドラフト1巡目
初出場 MLB / 1989年5月30日
NPB / 1990年4月7日
最終出場 MLB / 1989年10月1日
NPB / 1994年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マット・ウインタースMatthew Littleton Winters , 1960年3月18日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身の元プロ野球選手外野手)。1990年1994年まで日本ハムファイターズに所属し、主に指名打者として出場した。

来歴・人物[編集]

1978年MLBドラフト1巡目(全体の24番目)でニューヨーク・ヤンキースに指名され契約。長いマイナーリーグ生活を経て、1989年カンザスシティ・ロイヤルズメジャー初昇格するが、その守備のお粗末さからか、なかなか昇格出来ずにいた。

アメリカでは芽が開かず、1990年日本ハムファイターズに入団[1]。その1990年のオープン戦は不振で、監督の近藤貞雄からは「このままだと開幕は二軍スタート」と言われる。しかし、オープン戦最終戦で3安打を放ち開幕一軍を勝ち取ると、持ち前の長打力を発揮。打率は2割7分前後が主だったが、入団以来4年連続30本塁打以上と中心打者として活躍[1]

さらに当時はプレー以外でもパフォーマンスでファンを沸かせた。彼自身、TBS筑紫哲也ニュース23」のインタビュー中でも「野球はエンターテイメントであり、(プレーでもパフォーマンスでも)観客を喜ばせることこそ自分の仕事」と語っている。 なお、パフォーマンスの内容は以下のようなものであった。

  • カツラをつけて、相手チームである近鉄や(当時)ダイエーホークスのチアガールに混ざって踊る
  • マジックを披露する
  • ユニフォームを上下逆に着て逆立ちのフリをする
  • 試合が雨でノーゲームになった時、パントマイムでホームランを放ち、ダイヤモンドを一周。マットの敷かれた本塁へ水しぶきをあげてヘッドスライディング
  • 怪我でベンチを外れた試合で、東京ドームのライトスタンドからメガホンを持ってファンと声援を送る

ファンサービスとパフォーマンスを忘れないスタイルは多くのファンに好かれ、「踊るホームラン王」の愛称で親しまれた。監督の大沢啓二もウインタースを気に入って、不動の4番として起用していた。引退後も来日すると必ず東京ドームの日本ハム戦に訪れ、ファンに混じり、何事もないようにスタンドに座っていることもあった。

明るく社交的であった反面、敬虔なクリスチャンであり、試合前はロッカールームで静かに聖書を読んで心を落ち着かせているところを他の選手たちに目撃されている。バットのグリップエンドに背番号である「10」という数字が書かれていたが、その「0」の真ん中に「十」と描き込むほどの熱心な信者だった。

1994年は打率.260、22本塁打、81打点という成績だったが、日本ハムを退団して同年を最後に現役を引退[1]

引退後はマイナーリーグのコーチ、スカウトを経て、現在は北海道日本ハムファイターズ駐米スカウトを務めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 KC 42 122 107 14 25 6 0 2 37 9 0 0 0 1 14 1 0 23 3 .234 .320 .346 .665
1990 日本ハム 127 543 468 73 130 21 1 35 258 97 3 1 0 2 68 9 5 98 15 .278 .374 .551 .925
1991 130 546 472 57 127 24 0 33 250 84 3 1 0 2 71 9 1 97 11 .269 .364 .530 .894
1992 120 503 426 70 120 21 1 35 248 79 1 0 0 1 75 9 1 77 12 .282 .390 .582 .972
1993 130 557 460 78 114 14 0 35 233 87 5 8 0 3 90 7 4 124 10 .248 .373 .507 .880
1994 130 556 466 68 121 23 2 22 214 81 0 4 0 1 89 2 0 112 18 .260 .378 .459 .837
MLB:1年 42 122 107 14 25 6 0 2 37 9 0 0 0 1 14 1 0 23 3 .234 .320 .346 .665
NPB:5年 637 2705 2292 346 612 103 4 160 1203 428 12 14 0 9 393 36 11 508 66 .267 .376 .525 .900
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 17 (1989年)
  • 10 (1990年 - 1994年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、74ページ

外部リンク[編集]