マッテルスブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マッテルスブルク
Mattersburg
オーストリアの旗
Mattersburg.jpg
Wappen Mattersburg.svg
基礎自治体 (Gemeinde)
位置
マッテルスブルクの位置の位置図
マッテルスブルクの位置
座標 : 北緯47度44分 東経16度23分 / 北緯47.733度 東経16.383度 / 47.733; 16.383
行政
オーストリアの旗 オーストリア
  (Bundesland) ブルゲンラント州の旗 ブルゲンラント州
 郡 (Bezirk) マッテルスブルク郡
 基礎自治体 (Gemeinde) マッテルスブルク
地理
面積  
  基礎自治体 (Gemeinde) 28.2km2(10.9mi2
標高 258m(846ft
人口
人口 (2008年1月現在)
  基礎自治体 (Gemeinde) 7,125人
    人口密度   253人/km2(654人/mi2
その他
等時帯 CETUTC+1
夏時間 CESTUTC+2
市外局番 0 26 26
ナンバープレート MA
公式ウェブサイト : http://www.mattersburgonline.at/

マッテルスブルクMattersburg)は、オーストリアブルゲンラント州マッテルスブルク郡に属する 基礎自治体 ( ゲマインデ )マタースブルクマッタースブルクとも表記する。

地理[編集]

ハンガリー国境に近い小さな都市。数キロ南東に国境がある。近隣の都市としては、約15キロ北西のヴィーナー・ノイシュタットが挙げられる。

歴史[編集]

フォルヒテンシュタイン城

1202年、史料上マッテルスブルクが現れた。1354年に市場特権を与えられた。19世紀半ば、ヴィーナー・ノイシュタットと鉄道で結ばれた。19世紀後半にアウスグライヒを経てオーストリア・ハンガリー二重帝国が成立すると、マッテルスブルクはハンガリー王国側に属した。この時期、ハンガリー化政策が行われたため、街の名称もハンガリー風にされた(Nagymarton)。第一次世界大戦後、サン=ジェルマン条約トリアノン条約によって、マッテルスブルクはオーストリアに属することが確認された。

この地域を治めていたエステルハージ家ユダヤ人に対して寛容だったこともあり、この街には大規模なユダヤ人コミュニティーが形成され、この地域における「7つのケヒッラー(ユダヤ人コミュニティー)」の1つであった。しかし、1938年にドイツがオーストリアを併合すると、この地にまでユダヤ人迫害が及び、第二次世界大戦終了時にはユダヤ人コミュニティーが壊滅へと追い込まれた。

交通[編集]

道路網としては、S4号線とS31号線がマッテルスブルクと各地を結んでいる。また、マッテルスブルク鉄道がヴィーナー・ノイシュタットとショプロンを結んでいる。

スポーツ[編集]

オーストリア・ブンデスリーガに属しているSVマッテルスブルクが本拠地としている。現在のところブルゲンランド州で唯一オーストリア・ブンデスリーガに属しているサッカークラブ。この小さな街のサッカークラブは近年に力を伸ばし、オーストリア・ブンデスリーガの上位にも食い込むようになった。年間平均観客動員数は街の人口を超えている、ブルゲンランド州でも最も人気のあるサッカークラブである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]