マッティ・ピエティカイネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
フィンランドの旗 フィンランド
男子 スキージャンプ
ノルディックスキー世界選手権
1954 Falun 個人

マッティ・ピエティカイネン(Matti Pietikäinen、1927年10月29日 - 1967年11月5日)はフィンランドクオピオ出身の元スキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

マッティは1940年代にフィンランドで活躍したピエティカイネン兄弟の3番目で、長兄はラウリ(Lauri)次兄はアット(Aatto)である。 現役時代はクオピオの名門スキークラブ Puijon Hiihtoseuraに所属し、活躍した。

1948年のサンモリッツオリンピックではメダル独占のノルウェー勢に次いで4位に入賞、兄のアットは8位となった。 4年後のオスロオリンピックにはパブで乱闘事件を起こした罰により代表になれなかった。

1954年ノルディックスキー世界選手権スウェーデンファルン)で金メダルを獲得、これはオリンピック、世界選手権を通じてフィンランド勢として初めての金メダルである。また同年のラハティスキーゲームズでも優勝した。

1967年、交通事故で亡くなった。

出典[編集]