マッチブック・ロマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マッチブック・ロマンス
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ポキプシー
ジャンル エモ
ポップ・パンク
ポスト・ハードコア
活動期間 1997-2007,2009年
レーベル アメリカ合衆国の旗Epitaph
日本の旗ソニー・ミュージック
公式サイト matchbookromance.com
メンバー
アンドリュー・ジョーダン
ライアン"ジュダス"デパオロー
ライアン・キンリー
アーロン・スターン

{{{Influences}}}

マッチブック・ロマンス(Matchbook Romance)とは、アメリカ合衆国ニューヨーク州ポキプシーにて結成されたエモバンドである。

アメリカの老舗パンクレーベルEpitah records史上最高の売り上げを上げたバンドとして、一躍人気バンドになったが、その後2007年に解散。しかし2009年限定で奇跡の再結成を果たしている。

現在のメンバー[編集]

  • アンドリュー・ジョーダン/Andrew Jordan - (ヴォーカル・ギター)
  • ライアン"ジュダス"デパオロー/Ryan "Judas" DePaolo - (ギター)
  • ライアン・キンリー/Ryan Kienle - (ベース)
  • アーロン・スターン/Aaron Stern - (ドラム)

略歴[編集]

かつて「Fizzlewink」というバンドに在籍していたアンドリューとライアンを中心に、1997年に結成。

その後、彼らのデモ曲がEpitaph recordsのオーナー"Brett Gurewitz"に気に入れられ、契約を結びことに成功する。

2003年4月8日にEP「West for Wishing」でデビューを飾り、同年9月23日には、1stアルバム「Stories and Alibis」をリリース。

そして前作から2年以上を空けた2006年2月14日に、前作より更にダークでラウドな作品となった2ndアルバム、「Voices」をリリースし、ビルボードアルバムチャートにて初登場43位を記録する。

しかし、ようやくバンドとしての知名度も上がり、人気が最高潮に達していた2007年3月12日、まさかの解散を表明。多くのファンから再結成が望まれていた中、その声に答えるように、約2年の沈黙を破り2009年に活動を行った。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日 アルバムのタイトル 販売レーベル 全米ビルボードアルバムチャート最高位[1] セールス
2003年9月23日
Stories and Alibis
Epitaph
-
-
2006年2月14日
Voices
Epitaph(アメリカ)
ソニー・ミュージック(日本)
43位
-

シングル[編集]

  • Promise
  • My Eyes Burn
1st「Stories and Alibis」に収録。
  • Monsters
2nd「Voices」に収録。

EP[編集]

  • West for Wishing (2003)

外部リンク[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]