マッコイ・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マッコイ・スタジアム
McCoy Stadium
マッコイ・スタジアム
施設データ
所在地 Ben Mondor Way
Pawtucket, Rhode Island
02860
起工 1940年11月3日
開場 1942年
所有者 ロードアイランド州
グラウンド 天然芝
建設費 150万ドル
(現在の価格で約2000万ドル)
1419万ドル(改修費)
設計者 マーク・リネンソール
トーマス・F・ハーディング
ヘリー・インターナショナル(改修時)
建設者 不明
使用チーム • 開催試合

ポータケット・レッドソックス(1970 - )
ポータケット・インディアンス(1966 - 1967)

ポータケット・スレイターズ(1946 - 1949)
収容能力
7,002人(開場時)
10,031人(1999年)
11,982人(現在)
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 325 ft (約99.1 m)
左中間 - 375 ft (約114.3 m)
中堅 - 400 ft (約121.9 m)
右中間 - 375 ft (約114.3 m)
右翼 - 325 ft (約99.1 m)
フェンス 8 ft (約2.4 m)
ブルペン部分のみ 5 ft (約1.5 m)

マッコイ・スタジアムMcCoy Stadium)はアメリカロードアイランド州ポータケットにある野球場ボストン・レッドソックス傘下AAA級ポータケット・レッドソックスの本拠地である。

1942年にオープン。球場建設を推進したポータケット市長トーマス・P・マッコイの名を取り「マッコイ・スタジアム」となった。1946年から4シーズンの間、ボストン・ブレーブス傘下AA級ポータケット・スレイターズの本拠地となった。その後、1950年から16年間はプロに使用されることはなかったが、1966年になってクリーブランド・インディアンス傘下AA級ポータケット・インディアンスがここを本拠地にした。

インディアンスが2シーズンで移転し、2年の空白期間を経て、1970年にボストン・レッドソックス傘下AA級のチームがマサチューセッツ州ピッツフィールドから移転してきた。1973年にはAAA級に格上げになったこのチームが、現在までここを本拠地として使用しているポータケット・レッドソックスである。

収容人数はAAA級の球場としては少なめの約10,000人。アメリカの野球場では珍しく、客席がフィールドから1段上の高さに設置されている。

主要な出来事[編集]

  • 1981年4月18日に行われたポータケット・レッドソックスとロチェスター・レッドウイングスの一戦は午後8時に試合が開始されたが、延長32回、翌日午前4時になっても決着がつかず、サスペンデッド・ゲームとなった。65日後の6月23日に続きが行われ、33回にレッドソックスが1点を入れ 3x - 2 でサヨナラ勝ちを収めた。この試合はアメリカのプロ野球史上最長の試合である。
  • 2000年6月1日、大家友和ナイツ戦で完全試合を達成した(レッドソックス 2 - 0 ナイツ)。
  • 2003年8月10日、ブロンソン・アローヨバッファロー・バイソンズ戦で完全試合を達成した(レッドソックス 7 - 0 バイソンズ)。
  • 2004年7月14日、AAAオールスターゲーム開催(インターナショナル・リーグ 4 - 3 パシフィック・コースト・リーグ)。
  • 2006年4月26日、ダーラム・ブルズデルモン・ヤングがストライクの判定に腹を立て、審判にバットを投げつける事件が発生。リーグからヤングに50試合出場停止の処分が下った。
前本拠地:
ワーコナー・パーク
1965 - 1969
ポータケット・レッドソックスの本拠地
1970 - 現在
次本拠地:
n/a
-