マック・スウェイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マック・スウェイン
Mack Swain
Mack Swain
"Moving Picture World"1919
生年月日 1876年2月16日
没年月日 1935年8月25日(満59歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユタ州ソルトレイクシティ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン州タコマ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優コメディアン
ジャンル 映画
活動期間 1913年 - 1932年
活動内容 1913年:俳優デビュー
アンブローズ・シリーズ(1914 - 1920)出演
1925年:『黄金狂時代』
1935年:死去
配偶者 コーラ・キング
主な作品
『黄金狂時代』
『偽牧師』
『給料日』

マック・スウェインMack Swain, 1876年2月16日 - 1935年8月25日)はアメリカ合衆国俳優コメディアン。6フィート2インチ(約188センチ)と280ポンド(約127キロ)の巨体を生かし[1]、1910年代から1930年代にかけてチャールズ・チャップリンハロルド・ロイドハンク・マンらの助演者として活躍した。

生涯[編集]

マック・スウェインは1876年2月16日、ユタ州ソルトレイクシティに生まれる。家はモルモン開拓者の家系[2]。15歳のころからショー・ビジネスの世界に身を投じ、シカゴの劇団など旅回りのヴォードヴィル一座などに身を置いた[1][2]。1913年にマック・セネットに誘われてキーストン社英語版に所属し、キーストン社所属俳優としてメーベル・ノーマンドやチャップリンらと同僚になる。特にチャップリンとは『アルコール先生原始時代の巻』を最後にチャップリンがキーストン社を離れるまでしばしば共演。スウェインはチャップリン作品を含むキーストン社での作品のいくつかで、大きな目を開き巨大な口ひげを蓄えた「アンブローズ氏」というキャラクターを演じ、チェスター・コンクリンが演じる「ウォルラス氏」とともに初期の喜劇映画を盛り立てる役者となった[3]

1921年、スウェインはファースト・ナショナル英語版に移籍していたチャップリンと再び共演するようになり、『のらくら』、『給料日』および『偽牧師』で共演する。しかし、スウェインは間もなくトラブルなど何らかの理由によりブラックリストに載り、映画界から一時つまはじき者にされる[2][注釈 1]。そんなスウェインに助け舟を出したのはユナイテッド・アーティスツを設立していたチャップリンであり、チャップリンは『黄金狂時代』のビッグ・ジム・マッケイ役をスウェインに与えた[4]。その後はロン・チェイニーやジョン・ボールズといった役者と共演[1]。『黄金狂時代』以降に出演した作品の中には、島津保次郎が監督し松竹蒲田撮影所で製作された『愛よ人類と共にあれ・後篇 米国篇』(1931年)も含まれている。1932年にローレル&ハーディ主演の『深夜のパトロール英語版』ほか4本の映画に出演したのが最後の仕事となった。

マック・スウェインは1935年8月25日にワシントン州タコマで亡くなった[1]。59歳没。没後、映画界への貢献が評価されてヴァイン通り1500番地にハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星が刻まれた[3]

主な出演作品[編集]

インターネット・ムービー・データベースのデータによる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ブラックリスト掲載にいたった「トラブルなど何らかの理由」の仔細ははっきりしていない(#ロビンソン (下) p.407)。

出典[編集]

参考文献[編集]

サイト[編集]

印刷物[編集]

  • チャールズ・チャップリン 『チャップリン自伝』 中野好夫(訳)、新潮社1966年ISBN 4-10-505001-X
  • デイヴィッド・ロビンソン 『チャップリン』上、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋1993年ISBN 4-16-347430-7
  • デイヴィッド・ロビンソン 『チャップリン』下、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年ISBN 4-16-347440-4
  • 大野裕之 『チャップリン再入門』 日本放送出版協会2005年ISBN 4-14-088141-0
  • 大野裕之 『チャップリン・未公開NGフィルムの全貌』 日本放送出版協会、2007年ISBN 978-4-14-081183-2

関連項目[編集]