マックス・ヴァーノン・マシューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マックス・ヴァーノン・マシューズ
Max Vernon Mathews
80歳の誕生日イベントにおいて自身のコンピュータ歴を語るマシューズ
2007年4月19日
生誕 1926年11月13日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ネブラスカ州コロンブス
死没 2011年4月21日(満84歳没)
教育 カリフォルニア工科大学
マサチューセッツ工科大学
職業 科学者, 発明家, 音楽家, 教授 (スタンフォード大学)
著名な実績 MUSIC-Nシリーズの発明

マックス・ヴァーノン・マシューズ(Max Vernon Mathews, 1926年11月13日 - 2011年4月21日)は、アメリカ合衆国ネブラスカ州生まれの科学者発明家音楽家で、コンピュータミュージックのパイオニアの一人。

来歴[編集]

カリフォルニア工科大学およびマサチューセッツ工科大学にて学び、1954年に科学博士を取得の後、ベル研究所に勤め、音響生成に広く用いられた音楽プログラミング言語MUSIC-Nシリーズ(1957年-)を開発する。その後、デジタルオーディオ音響合成の分野、楽器演奏に付随するマンマシンインタフェースの研究分野において、第一人者として活躍した。

研究[編集]

オーストラリアで開発されたコンピュータCSIRAC1951年によって演奏されたものが世界で初めてのコンピュータによる音響合成であったが、マシューズは、彼の開発したMUSIC-Nシリーズによって、その後の世界のデジタル技術による音楽プログラミング言語、アプリケーションの分野に対し、大きく貢献した。

1961年、同僚であったジョン・ラリー・ケリー・ジュニアによる音声合成の集大成であるデイジー・ベルに伴奏パートを付け、1962年から1985年までベル研究所の音響・行動研究センターのディレクターを務めた。同センターは、音声コミュニケーション、視覚コミュニケーション、学習と記憶、ロボット工学、組織化された知識、主観の分析、物理音響などを研究している。1974年から1980年まではフランス国立音響音楽研究所(IRCAM)の科学アドヴァイザーを務め、1987年以降はスタンフォード大学にて教授を務めていた。

2011年4月21日、肺炎のためサンフランシスコで死去[1]

備考[編集]

今日、作曲家メディアアーティストによって幅広く使われるビジュアルプログラミング言語Maxはマシューズの名に由来している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Max Matthews passed away Modisti 2011-4-21

外部リンク[編集]