マックス・コヴァルスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マックス・コヴァルスキMax Kowalski, 1882年8月10日 コヴァル1956年6月4日 ロンドンは、ポーランド出身のドイツ作曲家声楽家音楽教師

略歴[編集]

1883年に家族に連れられてドイツに移住。マルブルク法学を学び、博士号を取得してフランクフルト弁護士を務める。同地で声楽を学ぶとともに、ベルンハルト・ゼクレスに作曲を師事し、アルベール・ジローの『ピエロ・リュネール』による処女作の歌曲集を出版した。1934年まで作曲活動と出版活動を続け、数多くの歌曲がドイツで演奏された。1938年ブーヘンヴァルト強制収容所に投獄されて法曹界での活動を断念。1939年に釈放されると、直ちにイギリスに渡り、ロンドンで先ずはピアノ調律師ハザーンとして働いた。その後は声楽教師として身を立てている。作曲は続けていたが、イギリス時代に出版された歌曲はない。

参考文献[編集]

  • Baker's Biographical Dictionary of Musicians, (Nicolas Slonimsky, Editor) New York: G. Schirmer, 1958

外部リンク[編集]