マックス・カバンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マックス・カバンヌ
Max Cabanes
Max Cabanes 20100410 BD-Aix 4.jpg
2010年4月、エクサンプロヴァンスの漫画祭にて
生誕 1947年9月22日
フランス ベジエ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 漫画家イラストレーター
ジャンル ファンタジーコメディースリラー
代表作 『目隠し鬼』
受賞 1990年アングレーム国際漫画祭グランプリ受賞ほか
テンプレートを表示

マックス・カバンヌMax Cabanes1947年9月22日 - )は、フランスバンド・デシネ作家(漫画家)、イラストレーター

経歴[編集]

バンド・デシネ作家となる前は陶芸家として活躍しており、のちにディズニーでポストカードを制作するアーティストとして働いた。1972年より漫画雑誌「ルコール」(Record)、続いて「ピロット」(Pilote)に漫画作品を発表。1975年よりパラレルワールドを題材にしたシリーズ『ある村で』を「トゥッス・ブーラン」(Tousse Bourin)、後に掲載誌を「フリュイド・グラシアル」(Fluide Glacial)、「月刊シャルリー」(Charlie Mensuel)などに変えて発表。この作品でカバンヌは「自然と動物の偉大な描き手」としての才能を現した[1] 。1978年からはジャン・クロード=フォレストの脚本によるエロティックな作品『ルナールの物語』を「ア・シュイーヴル」(À Suivre)にて発表、続いて同様のエロティックな作品を発表した。1986年から彼自身の少年時代を題材にした自伝的作品『目隠し鬼』を制作し、1989年に発表。同作は日本でも翻訳され、1991年に講談社の漫画雑誌「ミスターマガジン」に掲載された[2]。この頃からカバンヌは、色コンテ水彩を用いて描くようになる。1990年にアングレーム国際漫画祭グランプリを受賞。1996年には妻のシルヴィー・ブラスケとともに、彼女の少女時代の恋愛と葛藤を描いた『浮気の花束』を発表した。

漫画作品を発表する傍ら、絵本の挿絵など、イラストレーションの仕事も多く手掛けている。

作品の特徴[編集]

デビュー初期の作品ではユーモラスなタッチが特徴だったが、『目隠し鬼』以降の作品では、写実的な画風に取って代わられている。

作品[編集]

特記がない限りカバンヌ名義

シリーズ[編集]

  • ある村で (Dans les Villages、1978年-2008年、全7巻)
    1. ある村で (1978年)
    2. アンチ・ジョール (L'Anti-Jôle、1982年)
    3. 笑うクロニョット (La Crognote Rieuse、1984年)
    4. 現実の夢想家 (Le Rêveur de Réalité、1986年 )
    5. 残酷の学校 (L'École de la Cruauté、2005年)
    6. 1つの出口と2つの地平線 (Une Fuite Deux Horizons、2006年)
    7. シナプスの敗走 (La Déroute des Synapses、2008年)
  • 目隠し鬼 (Colin-Maillard、1989年-1999年、全2巻) ※1991年に講談社「ミスターマガジン」にて日本語訳で連載。
    1. 目隠し鬼 (1989年)
    2. マックス対スポーツマン (Maxou Contre l'Athlète、1999年)
  • ベラガンバ (Bellagamba、クロード・クロッツ作、1999年-2002年、全2巻)
    1. 影を追って (La Chasse aux Ombres、1999年)
    2. 季節 (Les Saisonniers、2002年)
  • 血族の王女 (La Princesse du Sang、ジャン=パトリック・マンシェット作、2009年-2011年、全2巻)

単巻[編集]

  • おかしな物語 (Contes Fripon、1982年)
  • インク風呂 (Bain d'Encre、1982年)
  • 第三の悪者との遭遇 (Rencontre du 3e Sale Type、1982年)
  • ルナールの物語 (Le Roman de Renart、ジャン=クロード・フォレスト作、1985年)
  • ブラウンヴィルの冒険 (Une Aventure à Brownville、アンブローズ・ビエルス作、1985年)
  • 僕の街は世界だった (Mon Quartier c'était le Monde、1987年)
  • プティデ (Les Petidés、1987年)
  • ベルボトムの時代 (L'Années Pattes d'Eph'、1992年)
  • 浮気の花束 (Bouquet de Flirts、シルヴィー・ブラスケ作、1996年)
  • ウィンチェスター家の屋敷 (La Maison Winchester、マリー=シャルロット・デルマ作、2004年)

挿絵[編集]

  • 魔法の輪 (La Boucle Magique、ジャン・マメールとアラン・ヴェルノン作、1989年)
  • 世界を旅した男 (L'Homme qui Fait le Tour du Monde、ピエール・クリスタン作、1994年)
  • 人魚の歌 (La Chanson des Sirènes、ミシェル・ピケマル作、1998年)
  • よき人生 (La Bonne Vie、ピエール・クリスタン作、1999年)
  • チーターの競争 (La Course du Guépard、ジャン=シャルル・ベルナルディーニ作、2002年)

脚注[編集]

  1. ^ Thierry Groensteen (Hrsg.): Asterix, Barbarella & Co. Geschichte des Comic im französischen Sprachraum. Somogy Editions D'Art, Paris 2000. S. 232.
  2. ^ http://www.tamotamo.com/YohManKan/YohManKan.htm

日本での出版[編集]

参考文献[編集]

  • 『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』 玄光社、2013年

外部リンク[編集]