マチルダ・クシェシンスカヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マチルダ・クシェシンスカヤ

マチルダ・フェリクソヴナ・クシェシンスカヤロシア語:Мати́льда Фе́ликсовна Кшеси́нскаяマチーリダ・フィェーリクサヴナ・クシスィーンスカヤラテン文字転写の例:Matil'da Feliksovna Kshesinskaja1872年8月31日ロシア暦8月19日) - 1971年6月7日)は、ロシアバレリーナ。ロシアで初めてプリマ・バレリーナ・アッソルータとなった人物。ロシア皇帝ニコライ2世の愛人であったことで知られている。ポーランド語名はマティルダ・クシェシンスカMatylda Krzesińska)。

生涯[編集]

ポーランドにルーツを持つ一家の一員としてリゴヴォ(サンクトペテルブルク近郊の町)で生まれた。家族には舞踏家が多かったため自然とマチルダもバレエを学び、マリインスキー・バレエ団に入った。ピエリーナ・レニャーニと並ぶスターとなった。醜聞と噂が彼女の名前を取り巻くようになり、ロマノフ家の2人の大公、セルゲイ・ミハイロヴィチ大公(ニコライ1世の息子ミハイル・ニコラエヴィチ大公の子)とアンドレイ・ウラジーミロヴィチ大公(アレクサンドル2世の息子ウラジーミル・アレクサンドロヴィチ大公の子。ニコライ2世の従弟)らと三角関係に陥った。

マチルダは自身の皇族・貴族らのコネを通して、ロシアの首都で多くの資産を蓄えた。1917年にフィンランドから帰国したレーニンが、集まった群衆に呼びかけたのは、彼女の豪奢な自宅のバルコニーからであった。

ロシア革命後、マチルダは南仏リヴィエラへ逃れ、パリへ移った1921年に、アンドレイ・ウラジーミロヴィチ元大公と貴賎結婚した。2人の間には一人息子ウラジーミル・ロマノフスキー=クラシンスキー(1902年生)がいた(アンドレイはウラジーミルを自身の息子として認知していたが、本当の父親はセルゲイ大公だと言われている)。

1929年から、マチルダは自身でバレエ学校を開き、マーゴ・フォンテインアリシア・マルコワアンドレ・エグレフスキータマーラ・トゥマーノワらを教えた。彼女が観衆の前で最後に踊ったのは、コヴェント・ガーデンで行われた慈善イベントの時で、64歳であった。1960年にはSouvenirs de la Kschessinskaというタイトルの自伝を出版した。

マリインスキー劇場のバレエ監督であったマリウス・プティパは、上記の経緯から彼女に対しあまり好感を抱いてなかったが、ダンサーとしての実力は認めており、『バヤデルカ』など自身の多くの作品の蘇演に彼女を起用している

著書[編集]

  • Dancing in Petersburg(自伝) — London, 1960, 1973
  • Souveniers de la Kshessinskaya(自伝) — Paris, 1960

関連項目[編集]

外部リンク[編集]