マチュポウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マチュポウイルス(Machupo virus) はアレナウイルス科に属するウイルスで、ボリビア出血熱の病原体。日本ではJunin virus、Machupo virus、Guanarito virus、Sabia virusによって引き起こされる、アルゼンチン出血熱、ボリビア出血熱、ベネズエラ出血熱、ブラジル出血熱を総称して南米出血熱と呼ばれている。 自然宿主のCalomys callosusはボリビア北部からパラグアイまで分布しているが、患者はボリビア北部に限局している。 1959年から1964年のアウトブレイク以後はほぼ患者は報告されていなかったが、2006年より患者数が増加している。致死率は25%-35%と報告されている。 マチュポウイルスは、1959年に分離された。米国ではBSL4でのみの使用に限られているカテゴリーA病原体で、研究はほとんどなされていない。


症状[編集]

診断[編集]

治療[編集]

関連項目[編集]

==参考文献==

厚生労働省-南米出血熱

Epidemiology and pathogenesis of Bolivian hemorrhagic fever.Patterson M, Grant A, Paessler S. Curr Opin Virol. 2014 Apr;5:82-90