マダンジート・シン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マダンジート・シン(英語:Madanjeet Singh, ヒンディー語:मदनजीत सिंह, 1924年4月16日 - 2013年1月6日)はインドの元外交官芸術家作家、慈善活動家。

略歴[編集]

1924年に英領インド(現パキスタン領)のラホールに生まれる。ラホール官立大学で化学を専攻、修士号を取得。イタリアローマのイタリア中東極東研究院にて仏教芸術文化を専攻。ローマ大学で欧州芸術史を専攻した。

1942年マハトマ・ガンディーによる「インドを去れ」運動(Quit India Movement)の際に投獄された。

1953年1982年の間、インドの在外活動に従事し、イタリア、ユーゴスラビアギリシャラオススウェーデンデンマークスペインソビエト連邦外交官として勤務。南ベトナム総領事コロンビアにて大使ウガンダにて高等弁務官として勤務し、その後ルワンダブルンジフィンランドにて大使を務めた。

1982年〜1985年にはユネスコにて文化部門の部門長を務め、人類の科学文化史、アフリカ史、カリブ諸島史、中央アジア文明史、ケルト言語史、現代劇場事典編纂等を担当した。

画家及び写真家としても国際的な評価があり、彼の作品は1953年のヴェネツィア・ビエンナーレでも出品され、ストックホルム近代美術館に収蔵されている。

非暴力平和主義に貢献のあった人物に隔年ごとに贈られるユネスコ・マダンジート・シン賞のスポンサーである。2000年南アジア基金を設立。これにより地域の青少年活動を支援し、現在8ヵ国で活動が行われている[1]

2000年よりユネスコ親善大使を務める。

1972年に独立運動への貢献を表して授与されたタームラー・パットラー賞より高い栄誉はないとの理由で、2006年パドマー賞(インドの国民栄誉賞)を辞退した。

2013年1月6日、死去[2]。88歳没。

著作[編集]

  • 「Himalayan Art(UNESCO Art Book Series)」:New York Graphic Society/UNESCO (1968) ASIN: B000LY5LNG - revised edition Macmillan (1971年)、ISBN 0333120663 [3]

脚注[編集]

  1. ^ Indian foundation helps Pakistan’s poor students, Daily Times (Pakistan), Jan 4, 2004
  2. ^ Director-General expresses deep sadness at the passing of Madanjeet Singh, UNESCO Goodwill Ambassador UNESCO 2013年1月7日閲覧
  3. ^ Perilous Pilgrimage (book review), Time magazine, Feb 14, 1969

外部リンク[編集]