マダラエイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マダラエイ
Taeniura meyeni makunudhoo.jpg
マダラエイ Taeniura meyeni
保全状況評価[1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: トビエイ目 Myliobatiformes
: アカエイ科 Dasyatidae
: マダラエイ属 Taeniura
: マダラエイ T. meyeni
学名
Taeniura meyeni
(J. P. Müller & Henle, 1841)
和名
マダラエイ
英名
Blotched fantail ray
Taeniura meyeni rangemap.png
分布域

マダラエイ (学名:Taeniura meyeni) はアカエイ科に属するエイの一種。太平洋インド洋熱帯-亜熱帯域に分布する。沿岸のラグーン河口・岩礁などの深度20-60 mに生息する。体盤は幅1.8 mに達して分厚く、背面は小さい突起で覆われる。尾は短く、幅広い臀鰭を持つ。背面には白黒の斑点があり、尾は黒い。

夜行性で、群れを作ることもある。活発な捕食者で、貝類甲殻類・小魚を捕食する。他のアカエイ類のように無胎盤性胎生。産仔数はおよそ7。攻撃的ではないが、刺激されると尾の毒針を振り回すことがあり、死亡例もある。ダイビングや釣りなどで人気がある。繁殖力が低く、混獲や生息地破壊の影響を受けているため、IUCN危急種としている。

分類[編集]

1841年、ドイツの生物学者ヨハネス・ペーター・ミュラーヤーコブ・ヘンレモーリシャス産の2個体のシンタイプを用いて、Systematische Beschreibung der Plagiostomen の中で記載した。1953年、オランダの魚類学者ピーター・ブリーカージャワ産の幼体を用いて Natuurkundig Tijdschrift voor Nederlandsch Indië の中で記載した、Taeniura melanospila (または melanospilos)というシノニムもよく知られている[2][3]

現在はアカエイ科に含められているが、かつてはポタモトリゴン科とされたこともあった[1]。また、暫定的な形態学的研究からは、同属の Taeniura lymma が新大陸のオトメエイ属に近縁とされた一方、本種はアカエイ属・インド太平洋産のオトメエイ属と近縁であるという結果が得られた[4]

一般名としては 'blotched fantail ray'・'black spotted ray'・'black-blotched stingray'・'fantail ray'・'giant reef ray'・'round ribbontail ray'・'speckled stingray'などがある[5]オーストラリアでは他種とともに'bull ray'と呼ばれることもある[6]

分布[編集]

A stingray swimming over coral rubble and sand
サンゴ礁近くの砂底でよく見られる。

インド太平洋に広く分布する。インド洋ではクワズール・ナタール州から紅海インド東南アジアマダガスカルマスカリン諸島など。太平洋では南日本韓国オーストラリアロード・ハウ島でも見られる[7]ココス諸島ガラパゴス諸島からも報告があり、一部の個体は中米沿岸に達していると考えられる[5]

底生である。波打ち際や深度439 mからも報告があるが、一般的には深度20-60 mの沿岸に生息する[1][5]ラグーンや岩礁近くの砂礫底を好み、河口に進入することもある[8][9]

形態[編集]

Overhead view of a stingray on reef, showing its nearly circular shape
丸く分厚い体盤、白黒の斑が特徴。

体盤は丸くて分厚く、長さより幅のほうが広い。眼の後方には、眼より大きな噴水孔がある。鼻褶は短くて幅広く、後縁は細かく縁取られる。口は幅広くて弧を描き、口角にはわずかに溝がある。口底には7個の乳頭突起が並び、最も外側の1対は小さく、他から離れる[7]。歯列数は、上顎で37–46・下顎で39–45[10]。歯は小さく、歯冠を横切る深い溝がある。密に敷き詰められており、平たい表面を構成している[9]

腹鰭は小さく短い[7]。尾は比較的短く、体盤幅を超えない。上面には1本(稀に2本)の鋸歯状の棘がある。尾の付け根は幅広いが、棘より後方は急速に細くなる。臀鰭は尾の先端まで続く [7]。体盤と尾の背面は、疎らで細かい棘で一様に覆われる。全長46 cmを超えた頃から、正中線上に鋭い突起の列が発達し始める。成体ではさらにその横に1列ずつ突起が発達し、合計3列となる[9]

背面は茶-紫のかった灰色、体盤縁には白い筋や斑点がある。棘より後ろの尾は黒い。腹面は乳白色で、縁は黒く、斑点がある。幼体は成体より体色が明瞭である[9][11]。かなり大きなエイであり、体幅1.8 m・全長3.3 m・体重150 kgに達する[3]

生態[編集]

Side view of a stingray resting on a patch of sand beneath a coral ledge
日中は休息する。

夜行性で、日中は洞窟や岩棚の下で休息している[11]。群れを作ることもある。他の大型エイのように、アジスギなどの魚を引き連れていることがよくある[8]。餌は底生の貝類甲殻類小魚などである[11]。摂餌時は、体盤の縁を砂に押し付け、噴水孔から吸い込んだ水を口から吹き出すことで砂を掘る[12]。天敵はサメイルカなど[3]。危険が迫ると尾を振り上げて棘を前方に向け、前後に波打たせることで威嚇する[11]寄生虫としては、単生類Dasybatotrema spinosum [13]Dendromonocotyle pipinna [14]Neoentobdella garneriN. taiwanensis,[15]線虫Echinocephalus overstreeti などが知られる[16]

生活史はよく分かっていない。他のアカエイ類と同じように無胎盤性胎生で、胎児は初期には卵黄、後期には母体から分泌される"子宮乳"によって育つ[3]ラニーニャ現象の後のココス諸島では、繁殖のための数百匹の群れが観察される。この時には1匹の雌を多数の雄が追いかける[12]。産仔数は7以下。出生時の体幅は33-35 cm・全長は67 cm程度[1]。南アフリカ沖では、夏に出産が行われる[17]。雄は体幅1.0-1.1 mで性成熟するが、雌についてはよくわかっていない[1]

人との関わり[編集]

Overhead view of a stingray swimming just beneath the surface in very shallow water close to a beach
モルディブで撮影。ダイビングでの観察対象となる。

攻撃的ではなく、ダイバーに近づいたり、調べるような行動を取ることもある[9]。だが、刺激すると尾の毒棘を突き刺すことがあり、エイに跨ろうとしたダイバーが刺されて死亡した事例がある。大型であるため、ダイビングでの観察対象となる[1][11]。飼育は難しいとされるが[8]東海大学海洋科学博物館では繁殖事例もある[18]

IUCN保全状況危急種としている。繁殖力の低さ、農業排水などの影響によるサンゴ礁の減少、などの要因から、高い漁獲圧には耐えられない。広範囲に渡って商業漁業・遊漁の影響を受けているが、特に商業漁業が激しいのはインドネシア水域である。水揚げされた個体は食用として利用される[1]

南アフリカ沖のでは、エビのトロール漁で混獲されるが、特に利用はされていない。大きさと引きの強さから釣り人には人気があるが、南アフリカでは1日に1人あたり1匹という制限を設けており、スピアフィッシングは許可していない[1][17]。オーストラリア水域(グレート・バリア・リーフ海洋公園を含む)では軽度懸念とされている。エビのトロール漁で捕獲されているが、死亡率はウミガメ排除装置英語版が義務化されたことで低下している。モルディブでも軽度懸念とされており、政府は観光資源として保護する目的で、1995年には輸出を禁止、1996年には皮の輸出も禁止した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Kyne, P.M. and W.T. White (2006年). Taeniura meyeni. 2008 IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2008. 2010年2月25日閲覧。
  2. ^ Eschmeyer, W.N., ed. Catalog of Fishes electronic version (February 19, 2010). Retrieved on February 25, 2010.
  3. ^ a b c d Bester, C. Biological Profiles: Blotched Fantail Ray. Florida Museum of Natural History Ichthyology Department. Retrieved on February 25, 2010.
  4. ^ Lovejoy, N.R. (1996). “Systematics of myliobatoid elasmobranchs: with emphasis on the phylogeny and historical biogeography of neotropical freshwater stingrays (Potamotrygonidae: Rajiformes)”. Zoological Journal of the Linnean Society 117 (3): 207–257. doi:10.1111/j.1096-3642.1996.tb02189.x. http://www.utsc.utoronto.ca/~lovejoy/pdfpubs/Lovejoy%20Zool%20J%20Linn%20Soc%20%2796.pdf. 
  5. ^ a b c Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2010). "Taeniura meyeni" in FishBase. February 2010 version.
  6. ^ Bull ray, stingray spines. Julian Rocks. Retrieved on February 25, 2010.
  7. ^ a b c d Last, P.R. and J.D. Stevens (2009). Sharks and Rays of Australia (second ed.). Harvard University Press. pp. 460–461. ISBN 0-674-03411-2. 
  8. ^ a b c Michael, S.W. (1993). Reef Sharks & Rays of the World. Sea Challengers. p. 89. ISBN 0-930118-18-9. 
  9. ^ a b c d e Grove, J.S. and R.J. Lavenberg (1997). The Fishes of the Galápagos Islands. Stanford University Press. pp. 119–121. ISBN 0-8047-2289-7. http://books.google.com/?id=VUoAHt-Cf-IC&pg=RA1-PA119. 
  10. ^ Smith, J.L.B., M.M. Smith and P.C. Heemstra (2003). Smiths' Sea Fishes. Struik. p. 141. ISBN 1-86872-890-0. 
  11. ^ a b c d e Ferrari, A. and Ferrari, A. (2002). Sharks. FireFly Books. pp. 212–213. ISBN 1-55209-629-7. 
  12. ^ a b Hennemann, R.M. (2001). Sharks & Rays: Elasmobranch Guide of the World (second ed.). IKAN – Unterwasserarchiv. pp. 256–259. ISBN 3-925919-33-3. 
  13. ^ Timofeeva, T.A. (1983). “New representatives of monocotylids (Monogenea: Monocotylidae) from cartilaginous fishes of the South China and Yellow Seas”. Trudy Zoologicheskogo Instituta 121: 35–47. 
  14. ^ Chisholm, L.A. and I.D. Whittington (March 2004). “Two new species of Dendromonocotyle Hargis, 1955 (Monogenea : Monocotylidae) from the skin of Taeniura meyeni (Dasyatidae) and Aetobatus narinari (Myliobatidae) from aquaria in Queensland, Australia”. Systematic Parasitology 57 (3): 221–228. doi:10.1023/B:SYPA.0000019085.44664.6d. PMID 15010596. http://www.springerlink.com/content/x2ttkpu86v133392. 
  15. ^ Whittington, I.D. and G.C. Kearn (2009). “Two new species of entobdelline skin parasites (Monogenea, Capsalidae) from the blotched fantail ray, Taeniura meyeni, in the Pacific Ocean, with comments on spermatophores and the male copulatory apparatus”. Acta Parasitologica 54 (1): 12–21. doi:10.2478/s11686-009-0013-7. http://www.springerlink.com/content/t662m2hv7m124408. 
  16. ^ Deardorff, T.L. and R.C. Ko (1983). “Echinocephalus overstreeti sp. N (Nematoda, Gnathostomatidae) in the stingray, Taeniura melanospilos Bleeker, from the Marquesas Islands, with comments on E. sinensis Ko 1975”. Proceedings of the Helminthological Society of Washington 50 (2): 285–293. 
  17. ^ a b Van der Elst, R. (1993). A Guide to the Common Sea Fishes of Southern Africa (third ed.). Struik. p. 53. ISBN 1-86825-394-5. http://books.google.com/?id=9DqUZ4kMOToC&pg=PA53. 
  18. ^ 東海大学海洋科学博物館 飼育生物解説 マダラエイ”. 2012年11月閲覧。

外部リンク[編集]