マダガスカルジカッコウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マダガスカルジカッコウ
マダガスカルカッコウ
保全状況評価
EXTINCT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EX.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カッコウ目 Cuculiformes
: カッコウ科 Cuculidae
: ジカッコウ属 Coua
: マダガスカルジカッコウ
C. delalandei
学名
Coua delalandei
Temminck, 1827
和名
マダガスカルジカッコウ
英名
Snail-eating Coua

マダガスカルジカッコウ (学名:Coua delalandei、英名:Snail-eating Coua) は、カッコウ目カッコウ科に属する絶滅したの一種。

分布[編集]

マダガスカル島の北東に位置するサント・マリー島に生息していたが、すでに絶滅した。

形態[編集]

全長55cm。体色は目の周りが青、翼や頭は紺色、喉や胸、腹は白。

生態[編集]

カタツムリを好んで食べた。なお、カッコウの習性といえば托卵が想起されるが、本種は托卵はしなかったという。

絶滅の経緯[編集]

サントマリー島への人間の進出に伴う環境破壊により絶滅したと見られる。標本は13体残っており、最後の標本は1834年に採集されたものである。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「マダガスカルジカッコウ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類