マダイン・サーレハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯26度48分51秒 東経37度56分51秒 / 北緯26.81417度 東経37.94750度 / 26.81417; 37.94750

世界遺産 アル=ヒジュルの考古遺跡(マダイン・サーレハ)
サウジアラビア
Thamudi.jpg
英名 Al-Hijr Archaeological Site (Madâin Sâlih)
仏名 Site archéologique de Al-Hijr (Madain Salih)
面積 1,621.2 ha
(緩衝地域 1,659.34 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (3)
登録年 2008年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

マダイン・サーレハアラビア語: مدائن صالح‎ マダーイン・サーレハ)は、現サウジアラビア領内に存在していた古代都市である。マダイン・サーレハは「サーリフ(Saleh)の町」を意味し、アル=ヒジュル(Al-Hijr, 「岩だらけの場所」)とも呼ばれた。ヒジャーズ北部に位置し、赤い崖のあるワジの集落Al-`Ulaアラビア語: العلا‎)からは約 22 km 離れている。古代には、この都市にはサムード人Thamudis)やナバテア人が住んでおり、ヘグラ(Hegra)として知られた。

考古遺跡群はナバテア人たちが暮らしていた紀元前1世紀から紀元1世紀頃のものが中心で、とくに装飾の施された墓石群が特徴的である[1]。このほか、それ以前に遡る碑文も発見されている。マダイン・サーレハはナバテア人の考古遺跡としては、ヨルダンペトラに次ぐものである。

2008年の第32回世界遺産委員会世界遺産リストへの登録が認められた。サウジアラビアでは初の世界遺産である[1]

クルアーンとマダイン・サーレハ[編集]

詳細は夜 (クルアーン)#あらすじを参照 サウジアラビアでは、マダイン・サーレハの遺跡は呪われた場所と考えられている。その根拠となるのが『クルアーン』第15アル=ヒジュル」である。そこではアル=ヒジュルの民が使徒の警告を聞き入れずに罰を受けたことが記されている[2]

そのため、多くの篤信のサウジアラビア国民たちは、政府が公式に観光事業を奨励しているにもかかわらず[3]、当該章句をあまり気にしないムスリムや非ムスリムの観光客に、良い顔をするとは限らないのである。


登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

脚注[編集]

  1. ^ a b http://whc.unesco.org/en/news/448
  2. ^ ex. 井筒俊彦訳『コーラン』(中)、岩波文庫、p.71. サムード人がサーリフの警告を無視して滅ぼされるくだりは、第7章「胸壁」にも見られる。
  3. ^ government's official encouragement

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg サウジアラビアの世界遺産
World Heritage Sites in Saudi Arabia

文化遺産
アル=ヒジュルの考古遺跡(マダイン・サーレハ) | ディルイーヤのツライフ地区
世界遺産 | アジアの世界遺産 | サウジアラビアの世界遺産 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、サウジアラビアの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。