マタロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
'Mataró'

Flag of Mataró.svg  

Mataro puerto.jpg
カタルーニャ州
バルセロナ県
面積 22.53km²
標高 28m
人口 119,780人(2008年)
人口密度 5 316.47人/km²
Localització de Mataró.png
位置
北緯41度32分00秒 東経02度27分00秒 / 北緯41.53333度 東経2.45000度 / 41.53333; 2.45000

マタローカタルーニャ語カスティーリャ語:Mataró)は、スペインカタルーニャ州の都市。バルセロナ県に属する。

概要[編集]

マタローは、古代ローマ時代にあった村イルロ(IluroまたはIlluro)が前身である。紀元前1世紀のローマ浴場遺跡が近年発掘され、見学することができる。N-11海岸高速道は、かつてあったローマ街道と同じ場所を通る。

マタローは19世紀当時、市昇格に必要な人口を持っていなかったが、王国条例により都市と宣言された。

スペイン初の鉄道路線は、マタロー=バルセロナ間で、1848年10月28日に開業した。事業を指揮したのはカタルーニャ人でマタロー出身のミゲル・ビアダであった。この路線はレンフェR1郊外線として、今もロスピタレート・デ・リョブレガート=マッサネース間を往復している。マタローは、自由道C-32でジローナと、自由道C-60でグラノリェースとつながっている。

農業[編集]

伝統的なブドウは畑は19世紀に害虫フィロキセラの大流行で全滅し、観光の成長と一帯の灌漑発展のためにわずかに一部が植え替えられた。ジャガイモは、ワイン用ブドウの代替用作物として最初にもちこまれ、特にロイヤル・キドニー種のジャガイモは1932年に保護品種とされた[1]。その他にはレタスやマメが収穫され、ほとんどが輸出にまわされている。切り花の生産は、マレースメ郡の他自治体ほど重要ではない。1986年当時の自治体内の灌漑地は、農業用地10.57 km² のうちの9.13 km²を占めていた。

姉妹都市[編集]

参照[編集]

  1. ^ Source: Catalan Wikipedia. This Denominació d'Origen is not currently (2006) protected at European Union level (see list).

外部リンク[編集]