マタラム王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マタラム王国マタラムおうこく)は、ジャワ島中部のジョグジャカルタ地方に栄えた王国。「マタラム」とは、ジョグジャカルタ地方の古地名である。

ジャワの歴史上、マタラム王国と称される国は、8-9世紀に繁栄した古マタラム王国16世紀末に興った新マタラム王国の2つがある。これらはそれぞれの王権の宗教的基盤から、ヒンドゥー・マタラム、イスラム・マタラムとも区別される。

通常、単に「マタラム王国」といった場合、後者のことを指す場合が多く、以下の本文では後者の新マタラム王国について扱う。前者については古マタラム王国を参照。

概要[編集]

マタラム王国 (Kesultanan Mataram, Sultanate of Mataram) は、16世紀末にインドネシアジャワ島中部に興ったイスラム王国である。たんにマタラームとも表記する。また、ヒンドゥー王朝である古マタラム(ヒンドゥー・マタラム)と区別するために新マタラムイスラム・マタラム)ともいう。

島嶼部東南アジアで最大の産地であった中部ジャワの肥沃な農業地帯を支配し、その輸出港としてジャワ島北部の港市諸国家を影響下に置いて、17世紀にかけてジャワ島中部・東部で強盛を誇った。

バタヴィアバンテン王国をのぞくジャワ西部も強い影響下に置いたが、18世紀半ばにオランダ東インド会社の介入によって、1755年ジョグジャカルタスラカルタの2王家に分割されて、マタラム王国という国名は消滅した。

歴史[編集]

建国期[編集]

肥沃な米の生産地であったジャワ島中東部の内陸部をめぐっては、古マタラム王国の時代からジャワ東部のクディリ王国、ジャワ島北岸のマジャパヒト王国ドゥマク王国などが覇権を築いてきた。

マタラム王家の年代史『ババッド・タナハ・ジャーウィー』によると、中部ジャワ内陸部に台頭したスラカルタパジャン王国英語版と、ジョグジャカルタのマタラム王国の2王国は、ドゥマク王国をとおしてマジャパヒト王国の後継者であるという[1]。パジャン王ジョコ・ティンキール英語版の命を受けたキヤイ・グデ・パマナハン英語版がジョグジャカルタの地のマタラムに勢力を拡げ、パマナハンの子、スタウィジャヤ英語版セノパティ・イン・アラガスペイン語版、在位1584年-1601年)がマタラムをパジャンから独立させた[2]

勢力拡大期[編集]

1586年にマタラムを建国したセーマパティはパジャンを併合し、1590年代にはジャワ中東部の北岸のドゥマクやジュパラなど、イスラーム系港市国家を支配し、重要な米の輸出港を獲得した。セーマパティの子、パネンバハン・セダ・クラプヤックスペイン語版(在位1601年-1613年)は、当時の東ジャワでもっとも繁栄していたスラバヤに攻撃を開始し、クラプヤックの後継者スルタン・アグン英語版(在位1613年-1646年)[3]が、1625年、スラバヤ、マドゥラ島を支配下に置いた[4]

こうしてジャワ島の中東部に覇権を打ち立てたマタラムは、ジャワ島西部のバンテン王国への進出をはかり、1628年から1629年には二度にわたって、オランダが商館を開設したバタヴィアを攻撃した。スルタン・アグンはジャワからオランダの勢力を駆逐することには失敗したものの、17世紀前半にはバタヴィアとバンテンをのぞくジャワ全島を支配下に置くことに成功した。

アグンの後を継いだアマンクラト1世英語版(在位1646年-1677年)はオランダとの関係改善をはかり、1646年に平和協定を締結し、ジャワ島東部北岸の諸港におけるオランダとの交易を独占した。国内では行財政の中央集権化を進め、これに従わない地方支配者、イスラーム指導者を次々と暗殺した。こうしたアマンクラト1世の専制に不満を抱いた地方貴族層から反乱が起こり、1677年、反乱軍の攻撃を受けて首都は陥落した[5]

衰退期[編集]

アマンクラト1世の後を継いだ皇太子(アマンクラト2世英語版、在位1677年-1703年)は、反乱討伐のためオランダの支援を要請し、その見返りとして、オランダは関税免除、バタヴィア領拡大、スマラン割譲、織物・阿片の輸入独占と砂糖買い付け独占などの特権を得た。オランダの支援を受けたマタラムは1670年代末までには反乱軍の駆逐に成功したが、その後のオランダとの関係では、交渉力の低下をまぬがれなくなった[6]

マタラム王国の分割

1703年にアマンクラト2世が死去するとアマンクラト3世インドネシア語版が王位に就いたが、これにアマンクラト2世の弟が異議を唱えるとオランダ東インド会社が介入して、王位継承の内紛により第1次ジャワ継承戦争インドネシア語版が起こり、弟がパクブウォノ1世インドネシア語版として即位した。

1719年にパクブウォノ1世が死去すると、長男がアマンクラット4世インドネシア語版として即位。叔父や弟が反対し第2次ジャワ継承戦争インドネシア語版が起こり、オランダ東インド会社が介入して、叔父や弟を島流しにした。

華僑虐殺事件英語版(Chinese War)後、パクブウォノ2世インドネシア語版は華僑を支援してオランダ軍を襲わせたが失敗。パクブウォノ2世はスラカルタに追放された。

1749年にパクブウォノ2世が死去すると、パクブウォノ3世英語版が即位したが、パクブウォノ2世の弟が反対し第3次ジャワ継承戦争インドネシア語版となった。オランダ東インド会社はパクブウォノ3世を支援したが、1755年になると戦費が増大して途中で支援を断念した。この結果、ハメンクブウォノ1世英語版はジョグジャカルタ(スルタン家英語版)を、パクブウォノ3世はスラカルタススフナン家英語版)を継承した。さらに1757年にはススフナン家からマンク・ヌゴロ家英語版が、1813年にはスルタン家からパク・アラム家英語版が分立した。マタラム王国という名前は消滅し、これら4つの王家の領地はオランダの保護領として自治権を与えられる「王侯領」となった。

その後、政治的には無力とされたが[7]、ジョグジャカルタとスラカルタの王家はジャワ文化の中心としての地位を保ち、また王家の血筋も断絶することなく、現在も名目的には存在している。

脚注[編集]

  1. ^ マタラムの建国をめぐっては史料的制約から不確かなことが多い。しかし、マタラム王国の年代史とともに、オランダ東インド会社の記録によって考証したところによれば、16世紀末にオランダ人がジャワに来た頃にはすでにマタラムが強大な権勢を誇っていたことは確かであるという。Ricklefs, 1993, p.41.
  2. ^ 弘末雅士「交易の時代と近世国家の成立」、池端編、山川出版社、1999年、115-116頁。
  3. ^ アグンが「スルタン」を名乗るのは、1639年に使節をメッカに派遣してその称号を得てからのことである。
  4. ^ 弘末、同、116頁。
  5. ^ 鈴木恒之「オランダ東インド会社の覇権」、石井編、2001年、111-113頁
  6. ^ 鈴木、同、113-114頁。
  7. ^ ジョグジャカルタのスルタン王家のハムンクブウォノ9世は開明的な君主としてインドネシア独立戦争でも共和国側に協力し、独立後はジョグジャカルタ特別州の知事を長く務め、一時期は共和国の内相・国防相・副大統領に就任していた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]