マタハリ百貨店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マタハリ百貨店(バリ島のMal Bali Galeriaショッピングモール

マタハリ百貨店(またはりひゃっかてん、インドネシア語: Matahari Putra Prima=太陽の百貨店)はインドネシア最大の百貨店チェーンである。インドネシアの主要都市および各地のショッピングモールにある。

マタハリ百貨店は1958年にハリ・ダマワン(Hari Damawan)により設立された。1995年には、所有者は彼からリッポ・グループ(Lippo Group)に移っていて、PT. Matahari Putra Prima社が運営していた。 [1] 2010年1月、マタハリ百貨店は英国のベンチャーに売却された。 [2]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マタハリ・About Us・Our Corporate (英語)
  2. ^ UK's CVC Capital Partners Ltd. venture buys Matahari's department store unit (英語)

外部リンク[編集]