マタギ犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マタギ犬の末裔とされる北海道犬

マタギ犬(マタギいぬ)とは、古来よりマタギによって鹿の狩猟目的で使われていた、日本の中型の狩猟犬のことである。熊犬と呼ばれることもある

マタギは東北地方で熊や鹿の狩猟を行っていた狩猟者集団のことである。マタギ犬というのは、狩猟目的に使っていたイヌの総称であり、国際的に認められた犬種をさすわけではない。

アイヌおよびマタギは積極的に犬種の品種改良を行なう習慣はなく、マタギ犬は縄文時代の犬の特徴を示す遺伝子を多く残すといわれている。

歴史[編集]

現在、正式にマタギ犬を祖先に持つとされている犬種は、北海道犬秋田犬だけとされている。

マタギ犬は、縄文時代にアイヌ民族が東北地方より北海道へ移住した際に同伴し、厳しい環境に順応したものが残ったとされ、1869年明治2年)にイギリスの動物学者によってアイヌ犬と命名された。 アイヌ犬は1937年昭和12年)に文部省によって、天然記念物の犬種として認められ、名前を北海道犬と命名されている。

一方、東北地方に残ったマタギ犬は、弥生時代に渡来した系統の影響を多少を受けて、秋田マタギ、大館犬と呼ばれる中型犬として、狩猟に使われ続けた。江戸時代になって闘犬が盛んになると、大型化のために土佐犬や、大型の洋犬との交配も盛んに行われ、大型犬に変貌する。 大正時代に入って、学者や大館町長らを中心に、大型犬という特徴を生かしつつ、日本犬本来の姿へ戻す純化と保存の努力が始まり、1931年(昭和6年)に日本政府によって9頭が「秋田犬」として天然記念物の犬種として認められている。 犬種が確定された後も、闘犬としての性格を取り除きつつ、本来の姿へ戻す努力は、秋田犬保存会や個人ブリーダーを中心に現在も続いている。

北海道ヒグマによる被害が深刻化した際に熊犬として日本カレリアン・ベア・ドッグ(英:Karelian Bear Dog)が輸入され、熊退治を行ったことがある。

他にもタールタン・ベア・ドッグArmenian Gampr dogなどが熊犬として利用される。

参考文献[編集]

関連項目[編集]