マセラティ・クアトロポルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クアトロポルテQuattroporte )は、イタリアのマセラティが生産するEセグメントからFセグメントに属するラグジュアリーサルーン

1963年に初代モデルが発売され、2013年から発売された現行型は6代目にあたる。

6代目


概要[編集]

スポーツ走行時の性能と、サルーンの快適性を両立させたセダンであり、同社のフラッグシップ車でもある。

車名はイタリア語で「4, 4つの」を意味する「クアトロ」と「扉、門」の複数形を意味する「ポルテ」とを組み合わせできた複合語で、ボディ形状である「4ドア」の意味。

初代(1963–1969年)[編集]

初代

初代はカロッツェリアピエトロ・フルアがデザインしたボディに4,100cc/256馬力エンジンを搭載した最高速度230km/hのスーパースポーツサルーンとして、1963年のトリノ・ショーでデビューした。1966年までに230台が生産されたところでエンジンが4,700cc/295馬力に強化され、引き続き1969年の生産終了までに約500台が作られた。4ドアのイタリアン・スーパーカーとして、イソ・リヴォルタ・フィディアと共にユニークな存在であった。日本にも当時のディーラー新東洋企業によって数台が輸入された。


2代目(1974–1978年)[編集]

2代目のリアビュー

1968年にシトロエンの傘下に入ったマセラティが、初代の生産終了後5年を迎えた1974年のトリノ・モーターショーで、「クアトロポルテII」と命名しデビューさせた。シトロエン・SM のシャシーにベルトーネがデザインした4ドアボディを載せた、同社史上唯一のハイドロニューマチックサスペンション付きFWD車であった。

しかし、前年勃発した第一次オイルショック後の不況に加え、同社のメラクと同じV6エンジンが車重に対して相対的に力不足であったことから、1978年までに僅か13台が受注生産されただけに終わった。

3代目(1976–1990年)[編集]

3代目

マセラティをシトロエンから買い取ったデ・トマソによって1976年に発表された3代目は、「クアトロポルテIII」と命名された。発表後は生産準備に手間取り、実際のデリバリーは1979年からとなった。設計は再び手堅い手法に戻り、フロアパンは親会社となったデ・トマソの4ドアサルーン・ドーヴィルのホイールベースを延長したものを用い、ジョルジェット・ジウジアーロによる明快なデザインのボディを架装している。サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーンの独立型。エンジンは1950年代以来同社伝統となっているV8・4カムで、4,200cc/255馬力が標準、4,900cc/300馬力もオプションで用意された。4,900ccモデルの最高速度は230km/hと公表されていた。

イタリアのスーパースポーツカーの伝統に則って設計され、メルセデス・ベンツ450SEL6.9を意識したビジネスマン向け高速サルーンとなった3代目は市場からの評価も高く、1984年までに1,876台、1984年には「マセラティ・ロイヤル」と改称して完全受注生産となったものの、1990年までに2,141台が生産された。

尚、この代以降のクアトロポルテは日本にも相当数が輸入されている。

4代目(1994–2000年)[編集]

4代目

フィアットの傘下に入ったマセラティから1994年に登場した4代目は、マルチェロ・ガンディーニのデザインによる、先代よりもアグレッシブなデザインを持つ車で、当時の同社主力車種ビトゥルボのシャシーを流用したやや小型のモデルに生まれ変わった。しかし、同社のギブリ(二代目)と共通のV6・DOHC24バルブエンジンは2,800ccで280馬力、イタリア国内向け2,000ccでは306馬力を誇り、最高速度は3代目を大きく上回る260km/h(2,800cc)に引き上げられた。更に1997年にはシャマルと共通の3,200cc/336馬力ツインターボV8エンジンモデルが追加され、最高速度は6速マニュアルで275km/h、4速オートマチックでも265km/hにまで上昇した。

1998年にマセラティがフェラーリの傘下となると(フェラーリ自体もフィアットの傘下にあった)、フェラーリの技術が導入されるようになり、「クアトロポルテ・エヴォルツイオーネ」へとマイナーチェンジを受けた。

但し、新たに同社の経営者となったルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロの意向で、ダッシュボード中央の、ビトゥルボ以来同社のトレードマークの一つであったラ・サール製のアーモンド型の金時計は、ダッシュボードから外されてしまった。

量感豊かな本革シートや木目パネルを多用した内装の様子からは、その明るいカラーコーディネートとも相まって、当時特に日本で「伊達男が似合う(乗る)車」としてのイメージが定着した。

5代目(2004年-2012年)[編集]

マセラティ・クアトロポルテ(5代目)(マイナーチェンジ前)
フロント・ビュー
グレードはSports GT
Maserati Quattroporte (IAA 2005).jpg
バック・ビュー
グレードはSports GT
Maserati Quattroporte Sport GT Heck.JPG
インテリア・ビュー
グレードはExecutive GT (DuoSelect)
Maserati Quattroporte Exec GT interior at 2006 Chicago Auto Show.jpg
販売期間 2004年 - 2012年
デザイン ピニンファリーナ
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア サルーン
エンジン 90°V8 4,244cc
変速機 セミオートマチック
オートマチック
駆動方式 FR
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 5,052mm
全幅 1,895mm
全高 1,438mm
ホイールベース 3,064mm
車両重量 1,860kg(セミオートマチック)
1,880kg(オートマチック)
トレッド 前:1,582mm
後:1,595mm
最小回転半径 6.15m
-自動車のスペック表-

概要[編集]

4代目が生産中止されて以降しばらくラインナップから外されていたクアトロポルテであったが、2003年9月に開催された第60回フランクフルトモーターショーで再び5代目となる新型モデルが発表され、翌年春から欧州各国で順次デリバリーが開始された。 究極のイタリアンデザインを表現したとされる独特のエクステリアのデザインは、同社のモデルとしては半世紀ぶりにピニンファリーナが手がけたもので、当時同社に所属していた日本人カーデザイナー・奥山清行によるもの。 開発に際しては、当時マセラティの親会社の立場にあったフェラーリの技術を積極的に採り入れており、性能・信頼性の両面で従来モデルより大幅に進歩し、実際市場からも好評価を得ている。基本モデルに搭載されるエンジンは4.2リッター/400馬力のV8・DOHC32バルブで、フェラーリF430の物とベースが同じ。車両型式はGH-MQP。

詳細[編集]

発表当初のグレード展開は「デュオセレクト」(DuoSelect )と呼ばれるセミオートマチックトランスミッションを採用した「クアトロポルテ」の単一グレードのみであったが、後に幾つかのグレードが追加された。また市場の要望に応える形で通常のオートマチックトランスミッションも追加設定された。

全長は5m超、全幅は約1.9m、重量は約2トンという巨体であるが、操安性は極めてナチュラルである。さすがにライトウェイトカーと同様な軽快さはないが、コーナリング性能は巨体を意識させない程レベルが高く、ステアリングの切り込みと同時にノーズからインに入って行く感覚が伴う。雑誌媒体などのインプレッショでは、同クラスのライバル車(メルセデスSクラス等)と比べて一回り小さな車体を操縦している感覚を伴うと評されている。これには同クラスの車両としては非常に珍しくエンジン搭載位置を完全にホイールベースの内側に収めたことが奏功していると考えられる。またトランスミッションについてもデュオセレクト搭載のモデルではミッション本体をリヤアクスル直前に配置するトランスアクスル レイアウトを採用し前後重量バランスが前:47、後:53と最適化されており、運動性能の向上に一役かっている。またオートマチックモデルはトランスミッションの搭載位置が通常通りエンジン後方とされているが、それでも重量バランスはスポーツカーとして理想的な値である前:49、後:51とされており、基本的なキャラクターはデュオセレクトと変わらない。

なお、この手の中規模生産数の車の割には内外装のカラーの選択肢が比較的多く、エクステリアだけでも10色以上のカラー選択が可能である。インテリアに至っては、シートの内側と外側で異なるカラーを選択できることに始まり、パイピングのカラー、ダッシュボードの上側と下側のカラー、ステアリングや天井やカーペットのカラー等、インテリアの大部分のカラーや素材を複数の選択肢から発注時に選択でき、これら組み合わせを全て合計すると、実に400万通りにもなる。またホイールデザインやブレーキキャリパーのカラーまでも選択でき、2つとない独自の個体に仕上げられる。 また、旧来のマセラティのイメージからは想像に難い現代装備も揃えられており、一例として、電磁ラッチ式のドア・トランクオープナー(トランクにはオートクローズ機能付き)、室内赤外線感知センサー付きのセキュリティーシステム、電磁式パーキングブレーキ(自動解除機能付き)、リービングホーム機能(サイドミラーランプ付き)、レインセンサー式オートワイパー、オートライト、電子施錠グローブボックス、マッサージ機能・ベンチレーション機能付きシート、自動防眩ミラー、コンソール画面で任意に設定可能なオートロックや乗降時のコンフォートアクセス等、数々の快適装備が備えられた(一部オプション含む)。

市場からはその走行性能の高さや、ラグジュアリーな内装や数多くの快適装備、エレガントさとスポーティーさを兼ね備えた佇まい、そしてそれらが信頼性の高い技術の上に成り立っていること等から「4ドア版フェラーリ」と比喩された。事実、例えば日本に於いては、この5代目クアトロポルテの存在により、年間販売台数は記録を更新し続けている。また好調な売れ行きを背景に、5代目クアトロポルテをベースにした派生車種としてマセラティ・クーペの後継車の開発が始まり、2007年にマセラティ・グラントゥーリズモとして発表された。

2008年10月にはマイナーチェンジが行われたが、元々の評価が高く販売台数の低下も目立たなかったため、変更は内外装の意匠変化程度に留まった。但し前述のグラントゥーリズモのラインナップと同調させるため、排気量を4.7Lに拡大したモデルが新たに設定された。詳細後述。

マイナーチェンジ前のラインナップ[編集]

  • クアトロポルテ スポーツGT(2005年9月~) - スタイリングとドライバーズカーとしてのパフォーマンスを求めるユーザーのために開発されたモデルで、 エクステリアにはブラッククローム加工が施されたメッシュのラジエーターグリルやサイドグリル、赤いラインの縁取りが施されたトライデント・エンブレム、“Sport GT”エンブレムが装着されたBピラー、ダーククローム加工が施された20インチホイールなど、専用のデザインが採用されているほか、インテリアにはカーボンファイバー製のインストルメントパネル・フィニッシャー、アルミニウム製のペダルなどエクステリア同様に専用の装備が装着されている。 また、機構面でも、専用のセッティングが施されたトランスミッションやエキゾーストマニホールドスカイフック・サスペンションなど運動性能を強化する専用のテクノロジーも採用されている。2005年9月に開催された第62回フランクフルトモーターショーで発表された。同時に「クアトロポルテ エグゼクティブGT」も発表された。
  • クアトロポルテ エグゼクティブGT(2005年9月~) - スタイリングとパッセンジャーカーとしてのラグジュアリーを求めるユーザーのために開発されたモデル。エクステリアにはクローム加工が施されたメッシュのラジエーターグリルとサイドグリル、“Executive GT”エンブレムが装着されたBピラー、ポリッシュ加工が施された19インチホイールなど、専用のデザインが採用されているほか、インテリアにはウッドとレザーのコンビタイプステアリング、リアシート・コンフォートパックのほか、内装材と同じウッド製の折り畳み式リアテーブル、アルカンターラ製のルーフライニングなどエクステリア同様に専用の装備が装着されている。2005年9月に開催された第62回フランクフルトモーターショーで発表された。
    • オートマチックの追加(2007年1月~) - 2007年1月に開催されたデトロイトモーターショーでは、既存のセミオートマチックトランスミッション「デュオセレクト」に加え、新たにZFと共同開発した6速オートマチックトランスミッションを採用した「クアトロポルテ オートマティック」が追加された。これにより「クアトロポルテ デュオセレクト」及び「クアトロポルテ オートマティック」の各ベースグレードに「エグゼクティブGT」「スポーツGT」を設定した計6モデルがラインナップされることとなった。「オートマティック」の追加設定は米国市場への本格進出を目論んでの戦略であり、「特に低速域ではデュオセレクトよりも運転し易い」という理由により一般受けすることとなり、結果的に日本でもオートマチックを選択する購入者の割合が圧倒的となった。前述の通りオートマチックトランスミッション搭載位置はデュオセレクトの「リアアクスル前方」から「エンジン後方」に移動されている。しかしデュオセレクトからの変更点はそれだけではなく、トランスアクスル レイアウトをやめても前後重量配分を適正化するためエンジン自体の搭載位置を更に後方にずらし、またデュオセレクトのドライサンプ方式に対し通常のウェットサンプ方式に改められている。またエンジン自体の出力特性も僅かではあるが低回転域のトルクを重視したセッティングに調整しなおされている。
  • クアトロポルテ スポーツGT S(2007年9月~) - 「スポーツGT」をベースに各部を更にスポーティー・ラグジュアリーに仕上げた、クアトロポルテの最上位グレード。2007年9月に開催されたフランフルトモーターショーで発表された。「スポーツGT」との違いはスカイフック・サスペンションをシングルレートダンパーに変更した“パッシブ・ダンピング・サスペンション・システムの採用により、足回りが固められ、同時に車高をフロントで10mm、リアで25mm下げて低重心化が図られている。 ピレリ製タイヤも専用設計となり、フロント245/35R20、リア295/30R20となり、リヤはサイズが拡大されている。またブレーキはブレンボとの共同開発により世界で初めてアルミと鉄の複合素材で作られたローターを採用、高温下での耐フェード性に優れる他、軽量化を図りながらもディスクはφ330mmからφ360mmへと拡大され、キャリパーも1ピース構造の6ポットとされて制動能力は更に増大されている。またエクステリアではドアハンドルがボディと同色塗装とされ、サイドウィンドー周囲のモールやエキゾーストパイプもブラッククローム塗装となる等、差別化が図られている。インテリアにはアルカンターラ製のルーフライニングとシート中央部とステアリングのアルカンターラが標準装備とされ、フロントシートの形状自体も、よりサポート性の高いデザインへと変更されている。トランスミッションはオートマチックのみの設定。日本へは2008年春より販売開始。
  • クアトロポルテ コレッツィオーネ セント(2008年1月〜) - 2008年1月に開催されたデトロイトモーターショーでは、デュアル・モニターLCD 10.4インチ ヘッドレストタッチスクリーンやアームレスト収納式Bluetoothキーボードなど専用の装備を装着し、モバイルオフィス環境やエンターテイメント設備が高められた「クアトロポルテ コレッツィオーネ セント」が追加された。ただし日本では正式ラインナップの扱いにはなっていない。

パフォーマンス[編集]

クアトロポルテには、後に発表されたグラントゥーリズモにも搭載される90°V8エンジンが搭載されているが、セミオートマチックトランスミッションを採用したモデルとオートマチックトランスミッションを採用したモデルとでは各種スペックの詳細が異なっている。

最高出力 最大トルク 最高速度 0-100km/h加速 重量配分
セミオートマチック 295kW(401英馬力)/7,000rpm 451Nm(46kgm)/4,500rpm 275km/h 5.2秒 47:53
オートマチック 460Nm(47kgm)/4,250rpm 270km/h 5.6秒 49:51


マイナーチェンジ[編集]

5代目(マイナーチェンジ後)

5代目クアトロポルテは主要マーケット全体で好調な売れ行きを示し、2008年にはグラントゥーリズモの本格展開も手伝い、日本でも過去最大の販売台数を記録した。

2008年10月には5代目初のマイナーチェンジが実施された。基本構造や機関類は前期モデルを踏襲しているが、内外装の意匠が一部変更された。また「デュオセレクト」が需要減を背景にラインナップから外され、「オートマティック」のみとなった。

具体的な変更点は

  • エクステリア
フロントノーズ部分が前面に張り出す形となり、それに合わせてバンパーの形状と、グリルのデザインが横格子から縦格子へと変更され、ヘッドライトもLEDのポジショニングランプを組み込んだものとなった。これは同社のグラントゥーリズモのデザインと、イメージの共通化が目的の一つであるとされる。他にもサイド・リヤスカートやサイドミラーのデザインが変更され、テールランプもLEDに変更された。
  • インテリア
ナビゲーションシステムの進化に伴い、周辺のレイアウトが若干変更となった他、シートデザインの一部変更や、内装色・素材等の一部変更程度に留まった。

MC発表当初のグレード展開は「クアトロポルテ」と、排気量を4.7Lに拡大した新グレード「クアトロポルテS」の2種。後に「クアトロポルテS」を基にパフォーマンスを更に向上させた「クアトロポルテ スポーツGT S」が追加された。

マイナーチェンジ後のラインナップ[編集]

  • クアトロポルテ(2008年10月~) - マイナーチェンジ後のスタンダード・モデル。
  • クアトロポルテS(2008年10月~) - 運動性能を向上させたパフォーマンスモデルで、エンジンがノーマルの4.2Lからグラントゥーリズモ Sに搭載されていた4.7Lに拡大され、出力が400馬力から430馬力まで上がっている他、トランスミッションもマネジメントシステム変更により変速速度が若干向上した。
  • クアトロポルテ スポーツGT S 2009年1月~) - 2009年1月に開催されたデトロイトモーターショーで発表されたモデルで、「クアトロポルテ S」をベースに排気系の改良により出力が若干向上し(430馬力→440馬力)、トランスミッションもマネジメントシステム変更により変速速度が更に向上した。またスカイフック・サスペンションをシングルレートダンパーに改め、ダンパーとスプリングを硬め、車高も落とされた。内外装では、フロントグリルがブラック塗装となり形状も逆スラント(凸型から凹型)に変更され、トライデントロゴにも赤いラインが配され、ヘッドライトの仕上げはメタリックチタン塗装となった。更にドアハンドルもボディ同色塗装とされ、20インチホイールは専用デザインとされた。またインテリアでは、シートが同社の頭文字である“M”をあしらった縫い目の物が標準設定とされ、またインストゥルメントパネルはチタン系複合素材である“チタンテックス”が標準装備とされた。(これら改良による「S」と「スポーツGT S」の関係は、エンジン出力の関係等を除くと、丁度マイナーチェンジ前モデルの「スポーツGT」と「スポーツGT S」の関係に相当する)

これにより、クアトロポルテ全体のラインナップは、ノーマルモデルである「クアトロポルテ」と、排気量を上げパフォーマンス向上を図った「クアトロポルテS」、それをベースに更なる性能向上を目指した「クアトロポルテ スポーツ GT S」の3本立て(全てオートマチック)となった。

6代目(2013年-)[編集]

マセラティ・クアトロポルテ
フロント・ビュー
Maserati Quattroporte VI 01 Avignon Motor Festival 2013-03-23.jpg
バック・ビュー
Maserati Quattroporte VI 02 Avignon Motor Festival 2013-03-23.jpg
販売期間 2013年 -
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 3.8 L V8 ツインターボ
変速機 8速AT
駆動方式 FR
全長 5,263 mm
全幅 1,958mm
全高 1,481mm
ホイールベース 3,171mm
車両重量 1,890kg
-自動車のスペック表-

2013年1月に開催されたデトロイトモーターショーで6代目となる新型モデルが発表された[1]

日本市場での歴史[編集]

2013年4月、日本市場で発表され、「クアトロポルテGT S」が導入された[2]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ マセラティ、2013年のデトロイトショーで新型「クワトロポルテ」を発表”. 2013年6月8日閲覧。
  2. ^ マセラティ、新型「クアトロポルテ」を発売”. 2013年6月8日閲覧。


マセラティ S.p.A. ロードカータイムライン 1940-
タイプ 1940年代 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2000年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
エントリー ビトゥルボシリーズ ギブリIII
4ドアグラントゥーリズモ ロイヤル
クアトロポルテ I II III IV V VI
グラントゥーリズモ A6 3500GT セブリング 228 ギブリII
ミストラル カリフ グラントゥーリズモ
5000GT ギブリ カムシン シャマル 3200GT クーペ
2+2 メキシコ キャラミ
インディ
ミッドシップ メラク
ボーラ
オーナー オルシ・ファミリー シトロエン P デ・トマソ FIAT フェラーリ FIAT
レーシングカー: 26M8CV8RI6CM4CL/4CLT150Sティーポ63ティーポ65250F200S300S350S450Sティーポ61(バードケージ)ティーポ151ティーポ154MC12 GT1トロフェオ
ホモロゲーションモデル: バルケッタMC12
コンセプトカー: マセラティ・ブーメランバードケージ 75th
公式WEBサイト: MASERATI