マジック・サム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マジック・サム
基本情報
出生名 Samuel Gene Maghett
出生 1937年2月14日
米国ミシシッピ州グレナダ
死没 1969年12月1日(満32歳没)
米国イリノイ州シカゴ
ジャンル ブルース
職業 ギタリストシンガー
担当楽器 ギター
活動期間 1957年 - 1969年
レーベル コブラ・レコード
チーフ・レコード
デルマーク・レコード
クラッシュ・レコード
共同作業者 シェイキー・ジェイク・ハリス
エディー・ショー

マジック・サムMagic Sam, 1937年2月14日 - 1969年12月1日)は米国ブルースギタリストシンガー。本名はサミュエル・ジーン・マゲット。50年代から60年代にかけてシカゴで活躍し、オーティス・ラッシュバディ・ガイらとともにシカゴ・ブルースに新風を吹き込んだ。

来歴[編集]

1937年2月14日、サムはミシシッピ州中部の街のグレナダの郊外で生まれた。1950年、家族に連れられシカゴへ移住。シル・ジョンソンと出会い、彼からギターを教わる。50年代半ばには、シカゴのブルース・クラブに出演するようになっていた。

1957年、コブラ・レコードへ初のレコーディングを行う。同レーベルには57年、58年とレコーディングを重ね、"All Your Love"を始め、計4枚のシングルをリリースした。1959年にコブラが倒産した後、サムは兵役に着くが脱走してしまい、脱走罪で刑務所に服役している。

1960年、音楽活動を再開したサムは、60年、61年とチーフ・レコードへレコーディングを行い、シングルを4枚リリースした。チーフの作品はコブラの作品と比べてよりR&B色が強くなっている。このあと、暫くレコーディングから遠ざかってしまうが、1966年、デルマークとクラッシュへ相次いでレコーディングを行った。翌1967年には、初のオリジナル・アルバム、West Side Soulをリリースした。同作はシカゴ・ブルースを代表する作品として知られるようになり、彼の知名度も以後うなぎ上りに上がっていった。

1969年、セカンド・アルバムBlack Magicをリリース。同年、アメリカン・フォーク・ブルース・フェスティバル出演のために渡欧。アン・アーバー・ブルース・フェスティバルへの出演も果たすなど活動を加速させているが、絶頂期の最中、この年の12月1日、心臓発作により32歳の若さで急逝した。

生前にリリースしたアルバムは僅か2枚しかないが、没後も未発表曲を収録したアルバムがリリースされ続けている。中でも1981年にリリースされたライブ盤Magic Sam Liveは、スタジオ作では味わうことの出来ない、サムの演奏の勢いを感じさせる内容となっている。63年と64年のシカゴのクラブでの演奏と69年のアン・アーバー・ブルース・フェスティバルを収録したもので、没後のリリースながらサムの代表作として知られている。

2002年には、更にシカゴでの未発表ライブの収録したRockin' Wild in Chicagoがリリースされた。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1967年 West Side Soul (Delmark)
  • 1969年 Black Magic (Delmark)
  • 1981年 Magic Sam Live (Delmark)
  • 1989年 The Magic Sam Legacy (Delmark)
  • 1991年 Give Me Time (Delmark)
  • 1992年 Magic Touch (Black Top)
  • 2002年 Rockin' Wild in Chicago (Delmark)
  • 2007年 Live 1969 Raw Blues (Floating W)

編集盤[編集]

  • 1980年 Out of Bad Luck (P-Vine)
  • 1984年 The Late Great Magic Sam (Evidence Music)
  • 2001年 With a Feeling 57-67: The Cobra, Chief & Crash Recordings (West Side)
  • 2003年 Out of Bad Luck: The Cobra, Chief & Crash Sessions, 1957-1966 (P-Vine)

外部リンク[編集]