マシュー・ブース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マシュー・ブース Football pictogram.svg
Boothzaf.jpg
名前
ラテン文字 Matthew Booth
基本情報
国籍 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
生年月日 1977年3月14日(37歳)
出身地 ケープタウン
身長 199cm
選手情報
在籍チーム 南アフリカ共和国の旗 マメロディ・サンダウンズFC
ポジション DF
背番号 8
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1998
1998-2002
2001
2002-2004
2004-2009
2009-
南アフリカ共和国の旗 アヤックスCT
南アフリカ共和国の旗 マメロディ
イングランドの旗 ウィンブルドンFC
ロシアの旗 FCロストフ
ロシアの旗 クリリヤ
南アフリカ共和国の旗 マメロディ
92 (5)
114 (6)
0 (0)
52 (1)
107 (7)
4 (0)
代表歴
1999- 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 27 (1)
2010.6.17現在
1. 国内リーグ戦に限る。2009年5月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マシュー・ブースMatthew Booth, 1977年3月14日 - )は、南アフリカ共和国ケープタウン出身のサッカー選手南アフリカ代表である。ポジションはDF

2006年、黒人のSonia Bonneventia Puleと結婚した。彼女は国際的なモデルであり、過去にミス南アフリカで3位になった経験がある[1]。彼女との間にふたりの息子がいる。

経歴[編集]

1999年2月20日、COSAFAキャッスルカップボツワナ戦で南アフリカ代表デビューした。2000年にはシドニーオリンピックに出場し、日本ブラジルと同組になった。初戦の日本戦では高原直泰に2得点を決められるなどして1-2で敗れたが、2戦目はクイントン・フォーチュンシヤボンガ・ノンベテの得点でブラジルに3-1で勝利した。最終戦でスロバキアに敗れたために決勝トーナメント進出はならなかった。

逸話[編集]

大部分を黒人が占める南アフリカのファンからの人気も高く、ブースがボールをキープしたり好守備を見せると「ブース!ブース!」という声援が送られる。日本の一部のメディア[2][3] を含む世界中のメディアが、彼が自国のファンから「ブー!ブー!」というブーイングを受けていると勘違いして報道した[4]。ブース自身はこの声援に対し「ブーイングと勘違いされるけど、僕の名前を呼んでくれているだけ。サッカーは人種融合を訴えたネルソン・マンデラ元大統領の理想像だ」と語っている[5]

所属クラブ[編集]

2001 →イングランドの旗 ウィンブルドンFC (loan)

脚注[編集]

  1. ^ Matthew Booth a white knight for the black masses”. The Times (2009年7月22日). 2009年10月13日閲覧。
  2. ^ 「エル・ゴラッソ」スクワッド、2009年6月16日
  3. ^ 「footballista #125」ソルメディア、2009年6月24日号、7頁
  4. ^ 「footballista #127」ソルメディア、2009年7月15日-22日号、36頁
  5. ^ 日刊スポーツ 2009年6月19日

外部リンク[編集]