マザリングサンデイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この日にラッパズイセンなどを送る習慣がある

マザリングサンデイ (英語: Mothering Sunday)は英国およびアイルランドで祝われている母の日である。移動祝日で、キリスト教暦のレント(四旬節)期間の第4日曜日(復活祭の3週間前)に祝われる。この日にはシムネルケーキを食べる、ラッパズイセン(wild daffodil、別名:Lent lily)を贈る、などの習慣がある。

もともとヨーロッパ大陸での母教会(洗礼を受けた教会)に感謝する行事を起源としていて、1600年ころに英国で家族でに感謝する日として定着したと言われている [1] 。いまは、人の母だけでなくあらゆる生命をはぐくむものを対象としている。

注:英語の「マザー」(mother)は名詞「母」だけでなく、形容詞「母の・親の」、動詞「生を与える」という意味がある [2]

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Complete Historoy of Mother's Day (Mothers Day Central)
  2. ^ Merriam-Webster's Collegiate Dictionary, Eleventh Edition (2003)

外部リンク[編集]