マサダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯31度18分55秒 東経35度21分13秒 / 北緯31.31528度 東経35.35361度 / 31.31528; 35.35361

世界遺産 マサダ
イスラエル
マサダ
マサダ
英名 Masada
仏名 Massada
登録区分 文化遺産
登録基準 (3),(4),(6)
登録年 2001年
拡張年 -
備考 -
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
マサダの位置
使用方法表示

マサダヘブライ語: מצדה‎、英語Masada)とは、イスラエル東部、死海西岸近くにある古代ローマユダヤ属州時代の要塞の遺跡である。「マサダ」とはヘブライ語で「要塞」を意味する。

ユダヤ戦争の末期、ローマ軍の包囲に対しユダヤ人の籠城軍が2年にわたり抵抗し、守備隊の悲劇的な集団自決で幕をおろした戦いの古戦場として知られる。

歴史[編集]

紀元前120年頃に要塞が建設され、後にヘロデ大王が離宮兼要塞として改修した。周囲は切り立った崖で、難攻不落と言われた。

66年ローマ帝国との戦争が始まり(ユダヤ戦争)、70年ティトゥス率いるローマ軍によってエルサレムが陥落した(エルサレム攻囲戦)後、熱心党員を中心としたユダヤ人967人がエルアザル・ベン・ヤイルに率いられてマサダに籠城する。

1万5千のローマ軍団が周囲を包囲したが、さすがのローマ軍も、攻撃軍を寄せ付けないマサダの峻厳な地形に攻めあぐねる。やがてローマ軍はイスラエルの捕虜と奴隷を大量動員して、土を運び崖を埋め、防壁を乗り越える突入口の建設を開始する。ユダヤ兵は執拗に防戦したが、城壁は日々着実に埋められ、やがて陥落は目前となった。敗北が確実となったある日、指導者たちは集まって、今後の方針を協議した。抵抗を続ければ全員が殺され、降伏すれば全員が奴隷となるのが当時の習慣であった。

73年、ローマ軍部隊は完成した侵入路を通り、ついに城内に突入する。ローマ兵は死にもの狂いの抵抗を予想していたが、意外にも防戦する者は1人もいなかった。突入の前夜に、奴隷となるより死をと、籠城軍は全員が集団自決していたのであった。ただ、隠れていた2人の女と5人の子供だけが生きのびたと伝えられる。

マサダ陥落によってユダヤ戦争は終結した[1]。陥落後のマサダはローマ軍により徹底破壊され、長い間その所在が分からなくなっていたが、1838年にドイツ人考古学者によって所在が確認された。

マサダはその歴史的経緯から、現在もユダヤ人にとって特別な場所である。イスラエル国防軍はマサダ頂上で将校団の入隊宣誓式を実施し、民族滅亡の悲劇を再び繰り返してはならないと誓う。山頂は人気の観光地となっており、観光用のロープウェイが整備されている。、

登録基準[編集]

2001年ユネスコ世界遺産に登録された。

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フラウィウス・ヨセフスユダヤ戦記』参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]