マケマケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤いスコリアに彫られたマケマケと二人の鳥人

マケマケ(Makemake、発音[ˈmɑkeˈmɑke])とはイースター島ラパ・ヌイ神話Rapa Nui mythology)において、人間を創造した神。豊穣の神でもあり、またタンガタ・マヌTangata manu)すなわち鳥人信仰(モアイ以前の時代に盛んだった信仰)における最高神でもある。綴りは"Make-make"、"MakeMake"とも。

イースター島のペトログリフ(岩面彫刻)には、マケマケを主題としたものがよく見られる。

冥王星型天体であるマケマケ(2005 FY9)の名前の由来となった。

オロンゴ(Orongo)にあるペトログリフ。二人の鳥人に持ち上げられたマケマケ

出典[編集]

  • Alfred Métraux. [1940] 1971. Ethnology of Easter Island. Bernice P. Bishop Museum Bulletin 160. Honolului: Bishop Museum Press.
  • Katherine Routledge The Mystery of Easter Island 1919 ISBN 0-9328 1 3-48-8
  • VAN TILBURG, Jo Anne. 1994. Easter Island: Archaeology, Ecology and Culture. Washington D.C.: Smithsonian Institution Press.