マグネ・ヨハンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ノルウェーの旗 ノルウェー
男子 スキージャンプ
ノルディックスキー世界選手権
1989 Lahti ラージヒル団体

マグネ・ヨハンセン(Magne Johansen、1965年1月18日 - )はノルウェートロンハイム出身の元スキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

1987年3月1日にラハティスキージャンプ・ワールドカップにデビュー、14位となった。

1989年ノルディックスキー世界選手権団体戦でクラス・ブレーデ・ブローテンオーレ・グンナル・フィディエステールヨン・インゲ・キョールムとともに銀メダルを獲得した。

1992年のアルベールビルオリンピックではノーマルヒル49位、ラージヒル18位、団体7位。スキーフライング世界選手権で13位、ワールドカップ総合では26位といずれも自己最高位を記録した。

ノルウェー選手権では2位が4度(ノーマルヒル:1988-1990年3年連続、ラージヒル:1992年)と3位が1度(ラージヒル:1990年)ある。

翌1992-1993シーズンはワールドカップポイントをあげることができず、以後は国際大会への出場も減り、1998年33歳で現役を退いた。

外部リンク[編集]