マグダ・ゲッベルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マグダ・ゲッベルス。1933年

ヨハンナ・マリア・マグダレナ・ゲッベルス(Johanna Maria Magdalena Goebbels, 1901年11月11日 - 1945年5月1日)はナチス・ドイツの宣伝相、ヨーゼフ・ゲッベルスの妻。いわゆる第三帝国の掲げる理想を具現化した母親像として宣伝に加担した。第二次世界大戦の末期、ソビエト赤軍ベルリンに侵攻した際、夫ヨーゼフとの間に生まれた6人の子供達を殺害し自殺。

幼少期・青年期[編集]

1901年、ベルリンの建築家オスカー・リッチェルの家政婦をしていたアウグステ・ベーレントは女児マグダを出産、その後まもなく二人は結婚したが、1905年、離婚。1906年、アウグステは裕福なユダヤ人皮革工場主リヒャルト・フリードレンダーと再婚し、マグダもフリードレンダー姓を名乗った。1908年、フリードレンダー一家はブリュッセルに移住、母アウグステは多忙を理由にマグダを修道院の寄宿学校に入れるが、第一次世界大戦勃発時、一家はドイツによるブリュッセル侵攻に対する怒りの渦巻くブリュッセルから家畜運搬車に乗せられてベルリンへと逃げ帰る。ベルリンで継父フリードレンダーはボーイとなって家族を養おうとしたものの一家は貧困に陥り、結局1914年、母アウグステとフリードレンダーは離婚をする。なおフリードレンダーは後日ザクセンハウゼン強制収容所で死亡したと推測されている。マグダの教育を金銭的に支援したのは実父リッチェルで、マグダはリッチェルのもとを頻繁に訪れ、彼から非暴力の哲学や仏教の教義を教えられた。1919年、名門ホルツハウゼン女子大学に入学したマグダはベルギーから同じように避難してきたユダヤ人の同級生リサ・アルロゾロフの兄ハイムに恋をする。アルロゾロフ家に遊びに行くうちに感化されたマグダはダビデの星のネックレスをつけ、ハイムと一緒に「約束の地」に移住したいという考えを抱いていた時期もあった。ハイム・アルロゾロフシオニズム指導者として活動を続け、1933年、パレスチナで暗殺されている。

ギュンター・クヴァントとの結婚[編集]

1920年、美しく成長した19歳のマグダは列車内で38歳の裕福なドイツ人実業家ギュンター・クヴァントに出会い、クヴァントはその二日後、家族の知己を装って寄宿舎のマグダを訪れている。クヴァントは前妻を亡くした二人の子持ちである上、外見も魅力に乏しかったものの、裕福で将来性があり、マグダに跪いて大げさな身振りで靴を拭くなど上流風の言動でマグダを口説いたため、マグダはクヴァントとの結婚を考えるようになった。結婚前、マグダは自らの姓を一目でユダヤ系とわかるフリードレンダーから一旦リッチェルに戻し、信仰もカトリックからプロテスタントに改めている。マグダとクヴァントは1921年1月4日結婚し、同年11月1日長男ハラルトが誕生。しかし子育てに追われて上流の文化的な生活もままならず、またなかなか家で過ごす時間のない夫への不満の中、マグダは5歳年下の継子ヘルムートに魅かれていった。しかしそのヘルムートは盲腸炎の合併症で1927年に死亡する。マグダとクヴァントは次第に疎遠になっていき、1928年5月、ある学生との不貞を探偵からの報告で知ったクヴァントはマグダを家から追い出した。しかし、マグダは家を出る前に夫の信用にかかわる手紙を抽斗から盗んで夫を脅迫し、家具を含めた住居費50000マルク、病気治療費20000マルクと、月々4000マルクの生活費を受け取ることに成功した(当時の一般労働者の月収が約150マルク)。翌1929年、正式に離婚が成立。

ヨーゼフ・ゲッベルスとの結婚[編集]

マグダとゲッベルス。

1930年、美しく裕福で時間をもてあましていたマグダは友人に誘われ国家社会主義ドイツ労働者党ナチス)主催の会合に出席したが、その席上、党首アドルフ・ヒトラーに高く評価されていたベルリン大管区指導者ヨーゼフ・ゲッベルスと出会う。同年9月、ゲッベルスがナチスの宣伝活動の指揮を任されたころ、マグダもナチスに入党する。政治には決して関心は高くなかったが、地方婦人部会のボランティアとして様々な指導的活動をするうち、党本部で働く希望を持つようになり、ゲッベルスの補佐官であったハンス・マインスハウゼンの秘書として採用され、その後語学力が認められてゲッベルスのために国内外の新聞記事など資料を集める個人秘書となった。マグダはゲッベルスと親密になりながらも以前からの愛人との交際も並行して続けており、1931年の初め、その交際は愛人の射殺という形で終わりを告げた。同年12月19日、前夫クヴァントには知らせぬままクヴァント所有の大農場において、ヒトラーが立会人となってマグダとゲッベルスは結婚式を挙げた。なお、ゲッベルスとヒトラーはどちらもカトリック教徒であり、プロテスタントであるマグダとの結婚によってゲッベルスはカトリック教会から破門され、ヒトラーも戒告処分となっている。

ゲッベルス家の子供たち[編集]

ゲッベルス一家。軍服の青年がハラルト。

二人の間には6人の子供が生まれた。

  • 長女ヘルガ(1932年9月1日 - 1945年5月1日)
  • 次女ヒルデ(1934年4月13日 - 1945年5月1日)
  • 長男ヘルムート(1935年10月2日 - 1945年5月1日)
  • 三女ヘッダ(1937年2月19日 - 1945年5月1日)
  • 四女ホルデ(1938年5月1日 - 1945年5月1日)
  • 五女ハイデ(1940年10月20日 - 1945年5月1日)

このほかクヴァント家に生まれた息子ハラルトはゲッベルスと養子縁組をしている。

子供たち全員がHの頭文字で始まる名前であることについて、ヒトラーのHではないかと言われるが、これは真実とは言えない。例えば、マグダはゲッベルスの第一子を妊娠した時、クヴァント家の亡き息子の名にこだわってヘルムートという名前を付けたかったが、結局女の子であったため急遽ヘルガと命名した。ホルデが生まれたときも、取り上げてくれた医師が「なんて可愛い!(可愛いはドイツ語でhold)」と言ったからであり、後から見て偶然そうだったという程度のものである。ゲッベルスは結婚後も女性との交際が激しく、マグダもゲッベルスの副官カール・ハンケとの仲を取りざたされるなど、ゴシップの絶えない夫婦であったが、夫妻には6人の子供たちがおり、金髪で美しく賢いマグダは理想的な女性として見なされた。選挙民の半分が女性であることを考慮してヒトラーは独身で通していたため、第三帝国のファーストレディの責務はマグダが担うことになり、賓客のレセプション、舞踏会、外交といった華やかな舞台で活躍した。1933年頃より「ドイツの理想の母」としてラジオや国内外の新聞を通じてプロパガンダに努めるようになっていく。また、マグダは自分に似てゲルマンらしい風貌の自分の子供たちの出演(大戦下の1942年には34回にも上った)する週間ニュース映画を撮影させて、ゲルマン人こそアーリア人の血統を継ぐ民族という当時の思想を宣伝しようとした。マグダは多忙で家にいることはほとんどなく、実際に子供たちの世話をしていたのは何人かの子守の女性と家庭教師たちであった。

第二次大戦下[編集]

ヒトラーとゲッベルス一家。1938年。

1938年、チェコの女優リダ・バーロヴァと夫の不貞がマグダの知るところとなった。ゲッベルスはマグダと別れてリダと結婚し、ドイツを離れて日本大使になることも考えていたが、「看板夫婦」の離婚は避けたいヒトラーが仲裁に入り、ゲッベルスはリダと別れた。リダの出演映画はドイツで上映禁止となった。

1939年にナチスドイツはポーランドに侵攻し、両国が参戦。1941年モスクワ侵攻バルバロッサ作戦)に失敗すると、ゲッベルスはヒトラーとゲーリングを批判することが多くなる。その頃のマグダは子供たちと共に野戦病院を訪れるというプロパガンダ映画を撮ることが多かったが、子供たちにとっては恐怖と苦痛の伴う経験であり、マグダ自身も陰では酒に癒しを求めていた。激しくなるベルリンの空爆を避けて、マグダと子供たちは疎開をするが、1943年頃よりマグダは気を失うほどの三叉神経痛に悩まされるようになり、1944年8月には入院をしている。

すでに敗戦は決定的であり、マグダは「ロシア人がベルリンに足を踏み入れた時がその時よ」と覚悟を語っていた。1945年4月20日、ソビエト赤軍がベルリンに入り、ベルリンの戦いが始まる。22日、ゲッベルスは妻子を総統地下壕に連れて来させたが、子供たちには「持ち込む着替えは少し、おもちゃも一つだけ」と制限して、野営用の簡易ベッドを入れた一部屋を使わせた。地下壕のバスルームはヒトラー用に一つあるだけだったが、ヒトラーはマグダと子どもたちの使用を許している。シュペーアらから折を見て子供たちを安全な場所に避難させようという申し出もあったが、マグダはこれを拒否した。マグダは時折子供たちに周囲を明るくさせるような歌を歌わせていたが、自らは次第に言葉を発しなくなっていった。29日、立会人としてヒトラーとエヴァ・ブラウンの結婚を見届けるが、翌日ヒトラーとエヴァは自殺する。ヒトラーの遺言を受けてゲッベルスはナチス・ドイツの首相に就任、赤軍から無条件降伏を求められたが拒否したため交渉は決裂した。

マグダの最後の手紙[編集]

4月28日、マグダは23歳の息子ハラルトに宛てて手紙を記している。ハラルトは空軍のパイロットとして出征したが、当時は北アフリカで捕虜になっていた。

  • 「愛する私の息子よ!官邸の地下壕に来て6日、お前のパパ、6人の弟妹たち、そして私は今、国家社会主義者として唯一受容できる名誉ある終焉を迎えようとしています。お前も知っているように、パパは私たちがここに残ることに反対だったし、この前の日曜日(訳者注/22日のこと)には総統までもが私たちを逃がしたいと言ってくださったのです。同じ血の流れるお前ならわかるでしょう、私にはもう迷いはありません。私たちが抱いた理想は崩れ去りましたが、実現していたらこの世はどんなに壮麗で甘美なものだったでしょうか。総統と国家社会主義が消えた後の世界など、もう生きる価値のないものですから、子供たちをここに連れてきたのです。これからの世の中など、この良い子達はもったいないですもの。私がこの子達を救済することについて、慈悲深い神はきっと理解してくださるはず。子供たちは立派ですよ。文句も言わず、泣くこともありません。爆撃で地下壕が揺れると、上の子が下の子達をかばってくれるのです。子供たちがいるだけで、神の恩恵が感じられ、総統でさえ時折微笑みを浮かべるほどです。最後の、そして最も辛いその時にも強くいられますように。私たちは今、唯一残されたゴールに向かっています。それは死んでも変わらない総統への忠誠です。ハラルト、私の息子よ、私が人生で学んだことをお前に残してやりたい。誠実でいなさい!自分自身に、他人に、そして祖国に…。私たちを誇りに思って。そして私たちのことを忘れないで欲しい」

子供たちの殺害と自殺[編集]

1945年5月1日、ゲッベルス夫妻が子供たちをどのように殺害したかについては諸説あり、いずれも今となっては真実と証明することができない。例えば、マグダが子供たちにモルヒネ入りのココアを与えて眠らせ、シュトゥンプフェッガー医師に青酸カリの投与をさせたという説や、モルヒネも青酸カリもクンツ医師に任せたという説などがある。後日ソビエト軍が地下壕に踏み込んだ際、子供たちの遺体は寝巻を着せられ、女児たちは髪をリボンで結んで寝台に寝かせられていたが、12歳の長女ヘルガは感づいたらしく、抵抗か苦痛かのために体に打撲の痕が見られることがソビエト軍の検案書に記されている。子供たちが全員死亡したのが午後9時前、その後夫妻は地下から爆撃で荒廃した庭に出たが、それは死後遺体を焼却させるのに運び出す手間を省くためであった。ゲッベルス夫妻の自殺についてはさらになお詳細がわかっておらず、それぞれ青酸カリを服用して死んだ、青酸カリをのんだ後親衛隊に銃で止めを刺させた、マシンガンで撃たせた、ゲッベルスがマグダを射殺し自らも撃った、など諸説あるが、ゲッベルスの遺体には頭部を拳銃で撃ち抜かれた痕があり、口内にも薄いガラス片が確認されたことから銃と毒を服用したことは間違いないとされる。マグダの死因は肝心の頭部が破損されていて、特定は不可能になっている。遺体はガソリンで焼却されたが、検案書によると、夫妻の遺体は十分消失していなかった。2日午後5時頃、ソビエト軍が遺体を発見した際、焼け焦げた夫妻と子供たちの遺体を並べた宣伝用の写真が撮られ、世界に配信された。一家の遺体は後日秘密裡にソビエトで埋葬されたが、1970年4月、火葬の上、遺灰はエルベ川散骨された。

参考文献[編集]

  • Meissner, Hans Otto, Magda Goebbels, First Lady of the Third Reich

関連項目[編集]

外部リンク[編集]