マクルアー海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マクルアー海峡の位置

マクルアー海峡(英語:M'Clure StraitまたはMcClure Strait)はカナダノースウエスト準州プリンスパトリック島エグリントン島と、バンクス島を隔てている海峡である。北極海ボーフォート海の一部とされ、北西航路の北西端となっている。

海峡名はアイルランド人北極探検家ロバート・マクルアーからつけられた。

マクルアー海峡はこれまで氷に閉ざされていたが、2007年8月と2008年8月には氷が溶け海峡が開いた。欧州宇宙機関がこれにより北極海北西航路が完全に開けたと報告し、歴史的に閉鎖されていたヨーロッパとアジアの間の北極海経由の航路が航行可能になった。現在、アメリカ合衆国とカナダの間で海峡の領有をめぐって対立がある。