マクデブルクの半球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マクデブルクの半球実験

マクデブルクの半球(マクデブルクのはんきゅう、ドイツ語:Magdeburger Halbkugeln)は、17世紀のドイツでオットー・フォン・ゲーリケが行なった、大気圧を示す実験である。

半球は、内側がくぼんだ2つの金属製の半球だった。縦に2つに割ったメロンをイメージすると分かりやすい。この2つの半球はすきまなく接合するように作られた。この2つを合わせ、ゲーリケ自らが発明した真空ポンプで中の空気を抜いた。間には濡らした動物の皮をパッキンとして使用した。こうすると半球はぴったりくっつき、どんなに引っ張っても外れなかった。これは、半球の外側の大気圧によるものである。

ゲーリケはこの実験を公開実験で行った。最初のものは1654年5月8日、レーゲンスブルクの帝国議事堂前において、神聖ローマ皇帝フェルディナント3世の御前で行われた。このとき、16頭の(両側から2頭立ての馬が各4対)が双方から引っ張り、やっと半球は外れた。この実験により、デカルトが否定した真空の存在を証明した。

「マクデブルクの半球」の呼び名は、当時ゲーリケがマクデブルク市長であったことに由来する。

1970年代にNHKの『ハテナゲーム』で再現された[1]

脚注[編集]

  1. ^ 魔法実験のひみつ ― NHKハテナゲ-ム ISBN 9784050035977