マクシミリアン・ホーエンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホーエンベルク公マックス
父フランツ・フェルディナント大公に抱かれたマックス、1904年頃

マクシミリアン(マックス)・ホーエンベルクMaximilian „Max“ Hohenberg, 1902年9月29日 ベルヴェデーレ宮殿 - 1962年1月8日 ウィーン)は、オーストリア=ハンガリー(二重帝国)の帝位継承者フランツ・フェルディナント大公の長男。ホーエンベルク公爵家の初代当主。全名はマクシミリアン・カール・フランツ・ミヒャエル・フーベルト・アントン・イグナティウス・ヨーゼフ・マリア(Maximilian Karl Franz Michael Hubert Anton Ignatius Joseph Maria Herzog von Hohenberg)。

生涯[編集]

フランツ・フェルディナント大公とその妻のゾフィー・ホテク伯爵夫人(結婚によりホーエンベルク公爵夫人)の間の第2子、長男として生まれた。両親の貴賤結婚により、マックスとその姉弟は二重帝国の帝位継承権はおろかハプスブルク家の正式な成員とすら認めてもらえなかった。1914年に両親が外遊中のセルビアで民族主義者のテロにより暗殺されると(サラエヴォ事件)、姉弟は母方の親族のトゥーン・ウント・ホーエンシュタイン侯爵家[1]に引き取られた。大伯父の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が孤児となったマックスと姉弟を王宮に呼んだのは、1度きりであった。

両親の死後、マックスは12歳で母親が皇帝から叙爵されたホーエンベルク公爵位を相続したが、爵位は二重帝国崩壊後の1919年には法的には廃止された。同じ1919年、新生国家チェコスロヴァキアの制定した特別措置法により、ホーエンベルク公爵家はオーストリアに追放された。マックスはウィーンのショッテン中等教育学校(Schottengymnasium)を卒業後、大学で法学を学び、1926年にグラーツ大学で法学博士号を取得した。マックスは法律家を本業としつつ、所領の経営にいそしんだ。

マックスと弟のエルンストは君主制支持者として熱心に活動し、従甥にあたる元皇太子オットー・フォン・ハプスブルクとは緊密に連絡を取り合っていた。兄弟は旧オーストリア皇帝の子孫として、1938年のドイツ第三帝国によるオーストリア合邦(アンシュルス)をオーストリアの自主独立を脅かすものだと反対し、逮捕されてダッハウ強制収容所に抑留された。貴族出身の兄弟に用意されたのは収容所内のトイレ清掃という屈辱的な仕事だった。マックスは1940年に解放されたが、居城のアルトシュテッテン城Schloss Artstetten)に軟禁された(城は一時的に没収されている)。

第2次世界大戦後、ソ連占領区域となったアルトシュテッテンの村長(Bürgermeister)に選出され、2期5年間にわたり務めた。

マックスは元皇太子オットーから、ハプスブルク家とオーストリア連邦政府の間の財産返還交渉におけるハプスブルク家側の全権代表とされた。マックスは皇帝一族の財産に関して一切の譲歩や妥協を認めなかったため、交渉は決裂した。オットーはさらに、マックスに自らの帰国許可に関して連邦政府と交渉するよう依頼したが、憲法裁判所はオットーの入国禁止処分を解くことは無かった。

マックスは強制収容所で受けた虐待のために健康を著しく損なっており、1962年に59歳で死去した。遺骸はアルトシュテッテン城の付属教会堂の霊廟に納められた。

子女[編集]

1926年11月16日にヴォルフェッグドイツバーデン=ヴュルテンベルク州ラーフェンスブルク郡)において、ヴァルトブルク・ツー・ヴォルフェッグ・ウント・ヴァルトゼー侯マクシミリアン(Maximilian von Waldburg-Wolfegg-Waldsee)の娘であるエリーザベタ・ボナ(1904年 - 1993年)と結婚し、間に6人の息子をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ 母の姉マリー・ホテク(Marie Gräfin Chotek von Chotkowa, 1863年 - 1935年)とその夫で歴史家のヤロスラフ・フォン・トゥーン・ウント・ホーエンシュタイン侯爵(Jaroslaw Fürst von Thun und Hohenstein, 1864年 - 1929年)が養い親となった。ヤロスラフはツィスライタニエン首相を務めた政治家フランツ・アントン・フォン・トゥーン・ウント・ホーエンシュタイン侯爵の弟である。

参考文献[編集]

  • Munzinger: Internationales Biographisches Archiv 09/1962 vom 19. Februar 1962
  • Lucian O. Meysels: Die verhinderte Dynastie. Erzherzog Franz Ferdinand und das Haus Hohenberg. Molden, Wien 2000, ISBN 3-85485-051-4.

外部リンク[編集]