マクシミリアン・ド・ボアルネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロイヒテンベルク公マクシミリアン
幼少時のマクシミリアン。ヨーゼフ・カール・シュティーラー画、1821年

マクシミリアン・ジョゼフ・ウジェーヌ・オギュスト・ナポレオン・ド・ボアルネ(フランス語名:Maximilian Joseph Eugene Auguste Napoleon de Beauharnais, 1817年10月2日 - 1852年11月1日)は、第3代ロイヒテンベルク公。第3代ヴェネツィア公。フランス皇子の称号を持ち、ナポレオン・ボナパルトが創設したイタリア王国の王子でもあった。また、フランクフルト大公国の大公位請求者だった。

生涯[編集]

マクシミリアンは、ナポレオンの継子であるウジェーヌ・ド・ボアルネと妻アウグステ・フォン・バイエルンの末子としてミュンヘンで生まれた。母方の祖父バイエルン王マクシミリアン1世は、父ウジェーヌにロイヒテンベルク公位を授けた(1817年11月14日)。この称号は、アイヒシュタット(現在のドイツ・バイエルン州の町)にある公領の所有者としてのものであった。マクシミリアンは兄オギュストに次いで継承順位2位であった。

1824年2月21日、ウジェーヌが亡くなり兄オギュストが公位を継いだ。兄は独身であったため、マクシミリアンが継承予定者となった。オギュストは1835年にポルトガル女王マリア2世と結婚したが、結婚後わずか2ヶ月で肺結核のために急逝した。彼に子はなく、マクシミリアンが公位を継承した。

1839年7月2日、マクシミリアンはロシア大公女マリア・ニコラエヴナ冬宮殿の礼拝堂で結婚した。マリアは皇帝ニコライ1世の長女であった。義父ニコライ1世は、ナポレオン1世の子孫である娘婿にロシア皇族及びフィンランド大公家の一員として殿下(Imperial Highness)の称号を与えた(厳密に言うと、父ウジェーヌはナポレオン1世の養子であり、血縁関係は全くない。この場合はウジェーヌをナポレオンの実子とみなす拡大解釈をした)。

1852年、マクシミリアンはサンクトペテルブルクで病死した。

子女[編集]

マクシミリアンとマリアには7子が生まれた。

  • アレクサンドラ(1840年 - 1843年)
  • マリア(1841年 - 1914年) バーデン大公子ヴィルヘルムの妻。
  • ニコライ(1843年 - 1891年) 第4代ロイヒテンベルク公
  • エヴゲニヤ(1845年 - 1925年) オルデンブルク大公子アレクサンドルの妻。
  • エヴゲニー(1847年 - 1901年) 第5代ロイヒテンベルク公。ダリア・オポトチニナと結婚。死別後ジナイダ・スコベレワと再婚。
  • セルゲイ(1849年 - 1877年) 露土戦争で戦死
  • ゲオルギー(1849年 - 1912年) 第6代ロイヒテンベルク公。オルデンブルク公女テレーゼと結婚。一人息子アレクサンダー(1881年 - 1942年)をもうける。テレーゼと死別後、1889年にモンテネグロ王女アナスタシアと再婚。セルゲイ(1890年 - 1974年)とエレナ(1892年 - 1971年)をもうけた。

子孫[編集]