マクシミリアン・エルンスト・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
猟犬を連れたマクシミリアン・エルンスト大公、ヨーゼフ・ハインツ画、1604年

マクシミリアン・エルンスト・フォン・エスターライヒMaximilian Ernst von Österreich, 1583年11月17日 グラーツ - 1616年2月18日 グラーツ)は、オーストリア大公家大公(Erzherzog)神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の弟。

内オーストリア大公カール(2世)とその妻でバイエルン公アルブレヒト5世の娘であるマリア・アンナの間の第10子、五男として生まれた。1592年、長姉アンナポーランドジグムント3世への輿入れに、母とともに随行している[1]。1606年4月25日にウィーンにおいて、皇帝ルドルフ2世が精神異常により統治不能となったため、マティアス大公がオーストリア大公家の家長となるとした宣言に、兄の内オーストリア執政フェルディナント大公、下オーストリア執政マクシミリアン(3世)大公、上オーストリア執政マティアス大公とともに共同で署名した[2][3]

1615年、ドイツ騎士団総長を務める従兄マクシミリアン(3世)によりドイツ騎士団の騎士叙任を受け[4] 、翌1616年にドイツ騎士団オーストリア管区長に任命された[5][6]。さら騎士団総長の後継者職である補佐司教(Koadjutor)に任命され、総長職を継ぐことが決まったが、その年のうちに33歳で死去した。遺骸はゼッカウ修道院(Abtei Seckau)内の教会堂に葬られた[7]

参考文献[編集]

  • Constantin von Wurzbach: Habsburg, Maximilian Ernst. Nr. 266. In: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich. Band 7. Verlag L. C. Zamarski, Wien 1861, S. 109.
  • Johannes Voigt: Geschichte des Deutschen Ritter-Ordens in seinen zwölf Balleien in Deutschland, Band 2, Reimer, 1859, S. 297

脚注[編集]

  1. ^ Akademie der Wissenschaften in Wien. Historische Commission:Archiv für österreichische Geschichte, Band 15, Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften., 1856, S. 116
  2. ^ Johann Sporschil: Geschichte des Entstehens, des Wachsthums und der Grösse der österreichischen Monarchie, Band 4, F. Volckmar, 1844, S. 236
  3. ^ Anton Schindling, Walter Ziegler: Die Kaiser der Neuzeit: 1519-1918, C. H. Beck, 1990, S. 118
  4. ^ Kaiserliche Akademie der Wissenschaften: Archiv für Österreichische Geschichte, Band 33-34, Österreichischen Akademie der Wissenschaften, 1865, S. 236
  5. ^ Friedrich Emanuel von Hurter: Geschichte kaiser Ferdinands II und seiner eltern bis zu dessen krönung in Frankfurt, Hurtersche buchhandlung, 1850, S. 230
  6. ^ Johann Samuel Ersch: Allgemeine Encyclopädie der Wissenschaften und Künste, F. A. Brockhaus, 1830, S. 244 Digitalisat
  7. ^ http://www.royaltyguide.nl/families/habsburg/habsburgaustria.htm

外部リンク[編集]