マキャベリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マキャベリアン
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1987年
死没 2004年6月
Mr.Prospector
Coup de Folie
母の父 Halo
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Flaxman Holdings Ltd.
馬主 Stavros Spyros Niarchos
調教師 Francois Boutin(フランス)
競走成績
生涯成績 7戦4勝
獲得賞金 1,668,750フラン
37,136ポンド
テンプレートを表示

マキャベリアン (Machiavellian) とはアメリカで生産され、フランスで調教を受けた競走馬種牡馬である。半弟にジャック・ル・マロワ賞優勝馬イグジットトゥノーウェア(Exit to Nowhere)、全妹に1993年のフランス最優秀2歳牝馬クードジェニー(Coup de Genie)がいる。馬名はマキャヴェリズムに由来し、「策謀家」を意味する[1]

戦歴[編集]

1989年8月のヤコウレフ賞(準重賞)でデビューし、ジェイドロバリーを下し優勝。その後モルニ賞、サラマンドル賞とG1を連勝、フランス最優秀2歳牡馬に選出された。1990年初戦のジェベル賞(準重賞)で勝ちデビュー以来の連勝を4に伸ばすが、続く2000ギニーでチロルに敗れ連勝はストップ。次走アイリッシュ2000ギニーでもチロルの4着に敗れた。8月のモーリス・ド・ゲスト賞で5着に敗れたのを最後に現役を引退した。

引退後[編集]

ダルハムホールスタッド種牡馬入りし、数多くの活躍馬を輩出した。ドバイワールドカップ優勝馬のアルムタワケルストリートクライプール・デッセ・デ・プーラン(フランス2000ギニー)優勝馬ヴェットーリ、ディアヌ賞(フランスオークス)優勝馬ウェストウィンドなど、様々なタイプの産駒を輩出する万能種牡馬である。日本では重賞級の馬は少ないが、ブルードメアサイアーとしてドバイワールドカップ有馬記念皐月賞優勝馬ヴィクトワールピサ安田記念優勝馬アサクサデンエンなどがいる。2004年4月に蹄葉炎で種牡馬生活を休養していたが、同年6月に死亡した。

主な産駒[編集]

母の父としての主な産駒[編集]

血統表[編集]

マキャベリアン血統ミスタープロスペクター系/Native Dancer 3×4=18.75%、Almahmoud 4×4=12.50%(母内))

Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native
1961 栗毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Raise You Case Ace
Lady Glory
Gold Digger
1962 鹿毛
Nashua Nasrullah
Segula
Sequence Count Fleet
Miss Dogwood

Coup de Folie
1982 黒鹿毛
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Raise the Standard
1978 鹿毛
Hoist the Flag Tom Rolfe
Wavynavy
Natalma Native Dancer
Almahmoud F-No.2-d

脚注[編集]

  1. ^ 『優駿』1992年10月号(日本中央競馬会)、108頁

外部リンク[編集]