マカピリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マカピリ(Makapili)とは、太平洋戦争大東亜戦争)中にフィリピン日本を軍事支援していたフィリピン人による組織。日本側の正式呼称は比島愛国同志会である。

1944年12月、日本の傀儡政権であるフィリピン第二共和国ホセ・ラウレル政権)統治下のフィリピンで発足した。その幹部には、米比戦争フィリピン軍を指揮したアルテミオ・リカルテや、独立運動家ベニグノ・ラモスなどが就いた。旧ガナップ党員などの親日派民兵(フィリピン・ガード)を集成して総兵力5000名と称し、主にアメリカ極東陸軍からの鹵獲兵器である各種小火器で武装していた。フィリピン第二共和国はわずかな大統領親衛隊を除いて軍隊を持たなかったため、マカピリが日本軍に協力する現地武装組織の中核だった。フィリピンの戦いに参加した。

参考文献[編集]

  • 藤田昌雄 『もう一つの陸軍兵器史―知られざる鹵獲兵器と同盟軍の実態』 光人社、2004年。

関連項目[編集]