マウリツィオ・カッツァーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マウリツィオ・カッツアーティMaurizio Cazzati1616年 ルッツァーラ - 1678年9月28日 マントヴァ)はイタリア作曲家である。

1641年フェラーラボッツォロベルガモのそれぞれの教会楽長としてのスタートを切った。

ベルガモでは、作曲家ジョヴァンニ・レグレンツィと働いている。1657年頃、ボローニャの中のサン・ペトロニオ教会の楽長となる。ここで、以前よりも増して教会音楽の演奏において、楽器(特にヴァイオリン)に重要な価値を見出した。なお、カッツァーティは、当時のボローニャの有力な楽長であったジュリオ・チェーザレ・アレスティとの論争に敗れ、それが原因となり、1671年に当地での楽長の地位を失っている。その後マントヴァ公国の摂政イザベッラ・クララ・ダウストリア宮廷楽長となった。

教会音楽、器楽作品オペラの作品をそれぞれ残している。

外部リンク[編集]