マウリシオ・ポチェッティーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マウリシオ・ポチェッティーノ Football pictogram.svg
Pochettino.jpg
名前
ラテン文字 Mauricio Roberto Pochettino Trossero
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
スペインの旗 スペイン
生年月日 1973年3月2日(41歳)
出身地 サンタフェ州
身長 182cm
選手情報
ポジション DF
代表歴
1998-2002 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 20 (2)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マウリシオ・ロベルト・ポチェッティーノ・トロッセロ(Mauricio Roberto Pochettino Trossero, 1973年3月2日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー(センターバック)であり、アルゼンチン代表であった。

経歴[編集]

選手[編集]

ニューウェルズ・オールドボーイズからデビューし、1994年にはスペイン・プリメーラ・ディビシオン(1部)に昇格したばかりのRCDエスパニョールに移籍した。6シーズン半の間クラブに不可欠な選手であり、1999-2000シーズンにはコパ・デル・レイ優勝を果たした。2001年1月、フランス・リーグ・アンパリ・サンジェルマンFCに移籍し、ここでもレギュラーポジションを獲得した。2003年夏にはFCジロンダン・ボルドーに移籍したが、半年後には降格の危機に瀕していた古巣RCDエスパニョールにレンタル移籍で復帰した[1]。2003-04シーズンは最終節でプリメーラ・ディビシオン残留を決めると、2004年6月にはフリートランスファーでRCDエスパニョールに完全移籍し[2]、最終シーズンとなった2005-06シーズン以外はレギュラーとしてプレーした。同シーズンにはコパ・デル・レイで自身2度目の優勝を果たし、34歳で現役引退した[3]。RCDエスパニョールでは2度の在籍期間にクラブの外国人最多出場記録となるリーグ戦275試合に出場した。

指導者[編集]

2009年1月、18位と低迷していた古巣RCDエスパニョールの監督に就任した[4]。4月の半ばには最下位が定位置であったが、ラスト10試合で8勝1分1敗という奇跡的な巻き返しを見せ、最終的には10位でシーズンを終えた[5]。6月上旬にはクラブとの契約を延長した。2009-10シーズンはクラブの象徴的な選手であるラウル・タムードを戦力外とするなど独自色を出し、再びリーグ中位でシーズンを終えた。2010年9月28日、RCDエスパニョールとの契約を1年延長して2012年6月30日までとした[6]

2012年11月26日、成績不振のためエスパニョールの監督を解任された[7]

2013年1月18日にナイジェル・アドキンスの跡を継いで、サウサンプトンFCの監督に就任した[8]。2013-14シーズンにはサウサンプトンをプレミアリーグ初の8位に導く。

2014年5月27日、サウサンプトンの成績が認められトッテナム・ホットスパーの監督に就任。契約期間は5年。

所属クラブ[編集]

指導者経歴[編集]

タイトル[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]