マウイ (ポリネシア神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マウイ (Māui) とは、ポリネシア神話において太平洋に浮かぶ数々の島とそこに住む人々を創造したとされる。彼に関する神話はニュージーランドマオリ族ハワイタヒチサモアなどポリネシアの広範囲に渡って残っている。

黄泉の国の女神ヒネ・ヌイ・テ・ポ (en) の孫として生まれたとされる。

年がら年中闇夜ばかり続くのにうんざりして、空を海から持ち上げてそこに星々を貼り付けて星空を造った。その結果、風が吹くようになったが、彼は風を中身をくりぬいたココヤシの中に閉じ込めて必要に応じて出すことにしたが、西風だけが最後まで逃げていた。マウイは次に太陽を管理し、それまでは駆け足で空を渡るため昼の時間が非常に短かったが、マウイは太陽に空をゆっくりと駆けることを了承させた。その後、海中から陸を引き揚げ、先祖にあたるマフイカ (en) の手足の指であるを盗み出した後に、島々に住む全ての生物を創りだした。

ニュージーランドの神話ではマウイの最期が次のように語られている。マウイは永遠の命を得るため、祖母であるヒネ(ヒネ・ヌイ・テ・ポ)の体内に入り込む決心をした。父は、彼女の口には鋭い歯、膣には石のが着いているから危険だと話したが、マウイは意志を翻さず、光るイモムシに変身した。そしてヒネの膣へ入ろうとしたところ、それを見たマウイの友人でもある鳥たちが笑い出したため、事態に気付いたヒネに膣の歯で砕かれてしまった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『南島の神話』114-115頁(「第三章 死の起源と死後の世界」)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]