マインドンベ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マインドンベ湖
マイヌドンベ湖
航空写真
所在地 バンドゥンドゥ州
位置 南緯2度00分 東経18度20分 / 南緯2度 東経18.33度 / -2; 18.33座標: 南緯2度00分 東経18度20分 / 南緯2度 東経18.33度 / -2; 18.33
流出河川 フィミ川
流域国 コンゴ民主共和国
面積 890 sq mi (2,300 km²)
最大水深 10 m
平均水深 5 m
テンプレートを表示

マインドンベ湖: Lac Mai-Ndombeマイヌドンベ湖とも)は、コンゴ民主共和国バンドゥンドゥ州に位置する大きな淡水湖。南からフィミ川を通じてカサイ川コンゴ川に流れ込む。「マインドンベ」とはリンガラ語で「黒い水」を意味するが、1972年まではベルギー王レオポルド2世にちなみ「レオポルド湖」と呼ばれていた。

いびつな形をしているが、水深は平均で5m、最高でも10mと浅い。面積は2300平方キロで、雨季にはその2、3倍に達する。Ph値は4.2から5.5で、湖水の酸性化が進んでいる。流域の北部はうっそうとした熱帯雨林に覆われ、南部は森とサバンナが混在している。

2009年11月28日には2隻の遊覧船が沈没し、73人が死亡した。その業者は無認可で、当時は270人の乗客がいたとされる[1]

生物多様性[編集]

マインドンベ湖の魚類はトゥンバ湖と同類であるとされてきたが、典拠には乏しかった。しかし1909年から1916年にかけてのジョージ・アルバート・ブレンジャー探検隊以降、続々と新種が見つかっており、1984年にはシクリッドのNanochromis transvestitusが[2]、2006年には同じくシクリッドのNanochromis wickleriが[3]、2008年にはChrysichthys praecox(いずれも新種)がこの湖で見つかった[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]