マイルス・イン・ザ・スカイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイルス・イン・ザ・スカイ
マイルス・デイヴィススタジオ・アルバム
リリース 1968年
録音 1968年2月16日-5月15-17日 ニューヨーク
ジャンル ジャズ
時間 50分48秒
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース テオ・マセロ
テンプレートを表示

マイルス・イン・ザ・スカイ('Miles in the sky)は、ジャズトランペット奏者マイルス・デイヴィスが、コロムビア・レコードで1968年2月と5月にマイルス・デイビス・クインテットによって録音されたアルバムである。

解説[編集]

エレクトリックピアノエレクトリックギターがマイルスのオリジナルアルバムで最初に使われたということが注目すべき点で、これからの数年でフュージョンへと移行していく兆候が見られる。このアルバムはレコーディングの後まもなくリリースされているが、収録曲は異なるセッションからのものであり、アコースティック・ジャズからエレクトリック・フュージョンへマイルスが進化していく段階をみることができる。「パラフェルナリア」はジョージ・ベンソンのギターをフィーチャーしているが、初期のマイルスのベストアルバム「サークル・イン・ザ・ラウンド」で聴けるものよりもさらに保守的なスタイルでギターがプレイされており、70年代後半になるまでこの曲はリリースされていなかった。ブラック・コメディとカントリー・サンはスタジオ録音におけるマイルスのアコースティックジャズへの最後の回帰となる。エレクトリックベースフェンダー・ローズとバイナリ・リズムを使用したスタッフはさらに異なる作品形式を持っており、来るべきキリマンジャロの娘を予感させる。

収録曲[編集]

  1. スタッフ - Stuff(M.Davis)
  2. パラフェルナリア - Paraphernalia(W.Shorter)
  3. ブラック・コメディ - Black Comedy(T.Williams)
  4. カントリー・サン - Country Son(M.Davis)

演奏メンバー[編集]