マイトソーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイトソーム(mitosome)はある種の単細胞真核生物にみられる細胞小器官である。マイトソームは1999年に発見・報告された小器官であり[1]、その機能は未だに良く分かっていない。別のグループが同器官を「クリプトン」(crypton)とも命名しているが[2]、この名は使われていない。

マイトソームはミトコンドリアを持たない嫌気性生物微好気性生物からのみ見つかっている。これらの生物は通常ミトコンドリアが行う酸化的リン酸化によるエネルギー産生を行わない。マイトソームは最初にヒト腸管寄生虫である赤痢アメーバEntamoeba histolytica)から発見され[1][3]、その後微胞子虫[4][5]ランブル鞭毛虫[6]からも報告されている。

マイトソームはミトコンドリアに由来する小器官であろうと推測されている。ミトコンドリアと同様に二重膜に包まれ、構成タンパク質の多くは特定のアミノ酸配列による移行シグナルによって輸送されてくる[1][4][5]。移行シグナルの配列はミトコンドリアのものと類似性が高く、実際にミトコンドリアのプレ配列が付加されたタンパク質がマイトソームへと輸送されることが実験的に確認されている[1]。マイトソーム関連タンパク質のかなりの部分が、ミトコンドリアやハイドロジェノソームのものと非常に類似している[3][7]

ミトコンドリアと異なる点として、マイトソームは内部にゲノムを持たないことが挙げられる。マイトソームの構成タンパク質は細胞核ゲノムにコードされている[1]。マイトソームにゲノムの存在が示唆されたこともあったが[8]、近年の報告では否定されている[9]

注釈・参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e Tovar J, Fischer A, Clark CG (1999). “The mitosome, a novel organelle related to mitochondria in the amitochondrial parasite Entamoeba histolytica”. Molecular microbiology 32 (5): 1013–21. doi:10.1046/j.1365-2958.1999.01414.x. PMID 10361303. 
  2. ^ Mai Z, Ghosh S, Frisardi M, Rosenthal B, Rogers R, Samuelson J (1999). “Hsp60 Is Targeted to a Cryptic Mitochondrion-Derived Organelle (“Crypton”) in the Microaerophilic Protozoan Parasite Entamoeba histolytica”. Mol Cell Biol. 19 (3): 2198-205. 
  3. ^ a b Bakatselou C, Beste D, Kadri AO, Somanath S, Clark CG (2003). “Analysis of genes of mitochondrial origin in the genus Entamoeba”. The Journal of eukaryotic microbiology 50 (3): 210–4. doi:10.1111/j.1550-7408.2003.tb00119.x. PMID 12836878. 
  4. ^ a b Williams BA, Hirt RP, Lucocq JM, Embley TM (2002). “A mitochondrial remnant in the microsporidian Trachipleistophora hominis”. Nature 418 (6900): 865–9. doi:10.1038/nature00949. PMID 12192407. 
  5. ^ a b Goldberg AV, Molik S, Tsaousis AD, Neumann K, Kuhnke G, Delbac F, Vivares CP, Hirt RP, Lill R, Embley TM (2008). “Localization and functionality of microsporidian iron–sulphur cluster assembly proteins”. Nature 452 (7187): 624. doi:10.1038/nature06606. PMID 18311129. 
  6. ^ Tovar J, León-Avila G, Sánchez LB, Sutak R, Tachezy J, van der Giezen M, Hernández M, Müller M, Lucocq JM (2003). “Mitochondrial remnant organelles of Giardia function in iron-sulphur protein maturation”. Nature 426 (6963): 172. doi:10.1038/nature01945. PMID 14614504. 
  7. ^ Dolezal P, Smíd O, Rada P, Zubácová Z, Bursać D, Suták R, Nebesárová J, Lithgow T, Tachezy J (2005). Giardia mitosomes and trichomonad hydrogenosomes share a common mode of protein targeting”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 102 (31): 10924–9. doi:10.1073/pnas.0500349102. PMC 1182405. PMID 16040811. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1182405. 
  8. ^ Ghosh S, Field J, Rogers R, Hickman M, Samuelson J (2000). “The Entamoeba histolytica Mitochondrion-Derived Organelle (Crypton) Contains Double-Stranded DNA and Appears to Be Bound by a Double Membrane”. Infection and Immunity 68 (7): 4319. doi:10.1128/IAI.68.7.4319-4322.2000. PMC 101756. PMID 10858251. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=101756. 
  9. ^ León-Avila G, Tovar J (2004). “Mitosomes of Entamoeba histolytica are abundant mitochondrion-related remnant organelles that lack a detectable organellar genome”. Microbiology 150 (Pt 5): 1245. doi:10.1099/mic.0.26923-0. PMID 15133087.