マイケル・ラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイケル・ラー(Michael Richard "Mike" Lah 1912年9月1日 - 1995年10月13日)はアメリカ合衆国イリノイ州出身のアニメーターである。

ウォルト・ディズニー・カンパニーを皮切りに、アニメーターとしてのキャリアをスタート。映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)移籍後はハーマンアイジング作品、ハンナバーベラによるトムとジェリーアニメーション制作スタッフなどを経て、テックス・アヴェリーのアニメーション制作スタッフとなり、日本でも知られる数々のアニメーション作品制作に貢献した一人である。監督としてはプレストン・ブレアとの共同制作で「クマのバーニー」、アヴェリーとの共同もしくは自らの制作で「ドルーピー」の作品を手がけた。MGM退社後はハンナ・バーベラ・プロダクションでアニメータの仕事についた後、テックス・アヴェリーと同じくアニメーションによるコマーシャルの分野へ転じ、ケロッグ社などのCMキャラクターを手がけた。MGM時代にテックス・アヴェリーのアニメーターであったことで知られるが、そこでの実働は5年程度でさほど長いものではない。晩年は世界的なアニメーション振興団体(非営利団体)である国際アニメーション協会(ASIFA)・ハリウッド支部の委員を数年間務めた。1984年にはアニメーションの振興に長年貢献した功績からアニメーションの殿堂である「アニー賞(ウィンザー・マッケイ賞)」に輝いた。

1995年10月13日、アメリカ合衆国ロサンゼルス死去。83歳。

作品一覧[編集]

クマのバーニー[編集]

(ブレアとの共同制作)

  • 「バーニーの小包騒動」(THE BEAR AND THE BEAN 1948年1月31日)
  • 「バーニーのうさぎ狩り」(THE BEAR AND THE HARE 1948年6月26日)
  • 「海中探検」(GOGGLE FUSHING BEAR 1949年1月15日)

ドルーピー[編集]

(アヴェリーとの共同制作)

  • 「呼べど叫べど」(DEPUTY DROOPY 1955年10月28日)
  • 逃げてはみたけど」(CELLBOUND 1955年11月25日)※相方のスパイクのみ登場

(マイケル・ラー作品)

ラー単独の作品からプロデューサーもフレッド・クインビーからハンナ=バーベラに交替し、アニメーターも一新されている。作品数こそ少ないが、複数の監督の下で幅広くアニメーション制作に携わってきたラーの経験が生かされ、アヴェリー作品にも見劣りしない出来となっており、「竜退治(1957年)」のようにアカデミー賞にノミネートされた作品もある。

関連事項[編集]