マイケル・ランドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・ランドン
Michael Landon
マイケル・ランドンMichael Landon
1990年
本名 Eugene Maurice Orowitz
生年月日 1936年10月31日
没年月日 1991年7月1日(満54歳没)
出生地 ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

マイケル・ランドン(Michael Landon, 1936年10月31日 - 1991年7月1日)は、アメリカ合衆国を代表する映画監督俳優脚本家。TVドラマの製作者としても評価があり、なかでも主演した代表作『大草原の小さな家』シリーズにおいてのチャールズ・インガルス役で日本でも知られる。

ニューヨーク市クイーンズ区出身。本名ユージン・モーリス・オロウィッツ(Eugene Maurice Orowitz)。

少年時代[編集]

両親がともに芸能関係者であった。父エリ・モーリス・オロウィッツはユダヤの流れをくむ劇場オーナーで、母ペギー・オニールはステージで活躍したダンサー、モデル、シンガー、舞台女優と多彩な経歴を持っていた。ランドンが4際のときに一家はニュー・ジャージー州のコリングズウッドに引っ越した。そこでランドンは、保守的なユダヤ教のシナゴーグにおいてバル・ミツワー(ユダヤ教の成人式)を受けている。少年時代のランドンにとっての最大の悩みは、母が自殺未遂を繰り返したことである。家族旅行で海に出かけたときに、母がおぼれて死のうとしたこともあった。そのときはランドンが母を救ったのであるが、助かった後の母は何事もなかったかのように振る舞ったという。こうした過酷な環境で育てられたランドンだが、両親の意にそぐわず本人は軟弱な少年であった。しかし、高校生になるとスポーツに目覚め、やり投の競技で選手として幾つもの大会に出場。奨学金を得て、南カリフォルニア大学に進学した。

俳優デビュー[編集]

アスリートとしてキャリアを培っていくかに見えたが、在学中に怪我をわずらい競技生活を断念せざるを得なくなり中退。その後は職を転々とする日々が続いたといわれる。そんななか、演劇に活路を見出しワーナー演劇学校を経て1956年に映画デビュー。翌年からはTVにも顔を出し始め、次第に人気を得た。1957年『心霊移植人間』に出演。当初はB級作品や低予算で製作されるチープホラーでの出演が続いたが、土臭く、それでいて爽やかなルックスが注目の的となり、最初の当たり役となった西部劇のドラマ『ボナンザ』シリーズの三男ジョー役で一躍1950年代後半を代表する青春アイドル・スターとなった。この作品では、後年、自ら脚本も書き、演出を担当するエピソードも作られるなど、製作サイドでの役割も担うようになった。これが後年の活躍の礎となっていく。

大草原の小さな家[編集]

ランドンの生涯の代表作と呼ぶにふさわしい人気TVシリーズ『大草原の小さな家』は、1974年にスタート。この作品の成功で印象を決定付けた。知的で温かく頼もしい家父長を象徴するインガルス家の大黒柱、チャールズ・インガルス役は、世界中の共感を集め放送が終了してもなお高い評価を獲得しつづけている。世界中かならずどこかで再放送されている番組、とも呼ばれたこの作品は、ランドンは主演を務めるだけでなく、脚本や演出、製作と常に番組の中核にあった。

1980年代、エドワーズ役に扮したビクター・フレンチと再びコンビを組み名作として評価が高い『Highway to Heaven(原題)』というドラマで共演。5年間続いたが、この作品はあまりにも『大草原の小さな家』のインガルス役のイメージが濃すぎたため、ランドンの代表作とはならず日本ではあまり知られていない。

しかし、『大草原-』の陰で、コンスタントに主演作を意欲的に発表。1976年には自ら監督、脚本、主演を務めた『孤独のマラソンランナー』が公開。幼少期におねしょをしたという体験談が盛り込まれ、ランドンと同じ境遇にあった主人公の少年が、やがてたくましく成長しオリンピック選手となるまでが感動的に綴られた名作であった。

1983年、異色ラブロマンス・アドベンチャー『カムバック』、1984年、サムの息子事件を題材にした社会派作品『Sam's Son(原題)』で主演。1990年のヒューマンドラマ『鳩が死ぬ時』に主演、とドラマ・映画双方で活動を続けた。

闘病[編集]

1990年代に入り、体調が急速に悪化。検査の結果、膵臓が癌に蝕まれている事を告げられ、1991年にマスコミに正式に公表し、話題となった。自身はあえて抗がん剤に頼らず、自然療法による癌との戦いを宣言。闘病生活は続いたが、年齢の若さと細胞の代謝による影響からか進行が早く、同年7月、死去。55歳。

人物[編集]

プライベートでも大がつくほどの子供好きとして知られ、インガルス役のイメージそのままを損なう事は無かったという。3度の結婚歴と6人の子供がおり、そのなかのマイケル・ランドン・Jrは父と同じ俳優となり、かつて父の出世作となった『ボナンザ』の続編『ボナンザ・リターンズ』(1994年)に出演した。『大草原-』の次女ローラ役に扮し、公私共にランドンを慕っていたメリッサ・ギルバートは、自身の息子にマイケルと名づけた。また、ランドンは酒と喫煙とを心から愛するなど、実生活は健康的とは言えなかった。

また「サウスパーク」では槍玉に挙げられたりもされる。

主要作品[編集]

  • ワイルダー・イヤーズ(1956年)
  • 心霊移植人間(原題:en:I Was a Teenage Werewolf)(1957年)
  • Young Hellions(原題)(1958年)
  • 真昼の欲情(1958年)
  • マラカイボ(1958年)
  • 拳銃に泣くトム・ドーリィ(1959年)
  • レストレス・ガン(1959年)
  • ボナンザ(1959~1973年)
  • Luke and the Tenderfoot(原題)(1965年)
  • ラブ・ストーリー(1973~1974年)
  • 大草原の小さな家(1974~1982年)
  • 孤独のマラソンランナー(1976年)
  • キリング・ストーン(※脚本)(1978年)
  • 新・大草原の小さな家(1982~1984年)
  • カムバック(1983年)
  • Sam's Son(原題)(1983年)
  • Highway to Heaven(原題)(1984~1989年)
  • ハイスクール・オリンピック/天才バンザイ(1985年)
  • 鳩が死ぬ時(1990年)
  • Us(1991年)

セルフドキュメント映像[編集]

  • Idols(原題)(1991年)
  • Brilliant But Cancelled(原題)(2002年)

外部リンク[編集]