マイケル・ユーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・ユーリー
Michael Urie
本名 Michael Lorenzo Urie
生年月日 1980年8月8日(34歳)
出生地 ダラステキサス州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
主な作品
アグリー・ベティ

マイケル・ユーリーMichael Urie、本名:Michael Lorenzo Urie、1980年8月8日 - )は、米国俳優テレビプロデューサー、テレビディレクター。テレビドラマ『アグリー・ベティ』のマーク・セントジェームス役で知られる。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ダラステキサス州)出身。 テキサスのプラーノにある中学、高校に通う。ジュリアード2003年に卒業。

キャリア[編集]

ジュリアード在学中にLove and Happiness (2001) に16歳の少年役で出演[1]

また、2002年にはジュリアードの「John Houseman Prize for Excellence in Classical Theatre」を受賞。[2]

劇場作品のWTC Viewを映画化した『WTC View』(2005)ではメインキャラクタであるエリックを演じた。

『アグリー・ベティ』のマーク・セントジェームス役は、当初ゲスト出演のみの設定であったが、ウィルミナ・スレイター役のヴァネッサ・ウィリアムズとの相性がよく、レギュラーとして参加することとなった。ユーリーは他のキャストとともに2007年2008年全米映画俳優組合賞のコメディー部門助演男優賞にノミネートされた。[3]

セレブリティーによる朗読会の一環としてロサンゼルスのヘイワース・シアター(Hayworth Theatre)で一晩限りで興行されたハワード・アッシュマンHoward Ashman)の未上演ミュージカルイーデン・エスピノーザEden Espinosa)、ヴィッキー・ルイスVicki Lewis)、フレッド・ウィラードFred Willard)、ディビッド・ブルーDavid Blue)、ルーク・マクファーレンLuke Macfarlane)らが出演した『Dreamstuff』を監督した。

私生活[編集]

『アグリ・ベティ』で親友アマンダ・ダネンを演じているベッキー・ニュートンBecki Newton)とは私生活でも親しい友人である。

2009年6月15日に、彼自身のウェブサイトにASC(AIDS Service Center of New York)の活動を紹介し、自分は「LGBT」のメンバーであると書いている[4]

長い間、セクシュアリティーについては言及してこなかったが、2010年、The Advocate(雑誌)2月号のインタビューでゲイと呼ばれるよりクィアーと呼ばれるほうを好むと話している[5]

主な出演作品[編集]

テレビ、映画[編集]

劇場[編集]

  • The Temperamentals (2009) - Rudi Gernreich
  • Angeles in America (2011) - Prior Walter

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]