マイケル・バッファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイケル・バッファーMichael Buffer1944年11月2日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身のリングアナウンサー。各種イベントにスポーツアナウンサーとして参加するエンターテイナーでもある。

弟のブルース・バッファー (en:Bruce Buffer) はUFCのリングアナウンサー。

経歴・人物[編集]

マイケル・バッファー(2007年11月、ワシントンD.C.で開催されたチャリティーイベントにて)

元々はアメリカのプロボクシングのリングアナウンサーで、マイク・タイソンの試合や多数の世界タイトルマッチのビッグ・イベントでリングアナウンサーを担当。

メインイベントで選手をコールする前の"Ladies and gentlemen, Woooooo, Let's get ready to rumble!" (戦いの準備はいいか!)のキャッチフレーズで知られ、「一声100万ドル」、「NO.1リングアナウンサー」と評されるまでになる。ラテン系の選手をコールする際は、スペイン語の発音を意識したアナウンスをすることでも知られる。

マイケル・バッファーのアナウンスには独特の「溜め」や「抑揚」があり、「ゥゥレェッツ・ゲェェット・ゥレェディ・トゥ・ゥラァンブォォーーー!」 (Let's get ready to rumble!) とコールすると、場内の雰囲気は一気にヒートアップする(下記外部リンクで試聴可能)。

1988年3月21日に東京ドームで行われたWBAWBC世界タイトルマッチのマイク・タイソン対トニー・タッブス戦でリングアナウンサーを務めるために来日。それ以来日本でも活動するようになり、ボクシング以外でもK-1等の総合格闘技WCW等のプロレスのビッグ・イベントでもリングアナウンサーを担当するようになった(WCW全盛の頃はほぼ毎週WCWのメインイベントのコールを担当していた)。

外部リンク[編集]