マイケル・デ・ララベッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・デ・ララベッティ
Michael de Larrabeiti
誕生 1934年8月18日
イギリスの旗ロンドン ランベス
死没 2008年4月18日(満73歳没)
イギリスの旗オックスフォード
職業 小説家ファンタジー作家、紀行文作家、ジャーナリスト
国籍 イギリスの旗 イギリス
ジャンル ファンタジー紀行文
代表作 『ボリブル』三部作
公式サイト michaeldelarrabeiti.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

マイケル・デ・ララベッティMichael de Larrabeiti, 1934年8月18日 - 2008年4月18日)はイギリス小説家ファンタジー作家、紀行文作家。

略歴[編集]

早年[編集]

デ・ララベッティは五人兄弟の一人として聖トーマス病院で生まれ、ロンドン南部バタシーで育つ。母親はアイルランド系であり、生涯の大半をラベンダーヒルで過ごした。父親はビルバオ出身のバスク人であり、しばしば家を留守にした。1934年ウェスト・サセックスアランデル疎開し、また1940年サウス・ヨークシャードンカスターの鉱山の村アスカーンへとさらに疎開する。第二次世界大戦の終戦と共にロンドンへ戻り、イレブンプラス・テストに落ちるもクラッパム・セントラル・セカンダリ・スクールを卒業する。この学校でデ・ララベッティを教えた教員には、大戦に参加した元兵士が含まれ、世界を良くしていこうと決意する彼らにデ・ララベッティは多大な影響を受ける。後にこの経験を元に Journal of a Sad Hermaphrodite (1992) が書かれる。

若年[編集]

16歳で卒業後、ロンドン南部アールスフィールドマグダレン・ロードの公立図書館の司書として働き始める。1952年 バタシー・ポリテクニックに参加し、大学入学を目指しGCE-A Levelを取るための勉強を始める。この過程で、主に財政的な理由により9年間もかかり、デ・ララベッティは様々な仕事を経験する。英国博覧会の開催中は、バタシー・パークフェスティバル・ガーデンで3Dシネマの映画映写技師を務めた。この時の経験は A Rose Beyond the Thames (1978) に書かれている。また、後にドキュメンタリー映画のカメラマンフランスモロッコで旅行ガイドとして働く。

1959年プロヴァンスの羊飼いのグループと知り合い、彼らと共に三千の羊の群を引き連れ、フランス・アルプスで冬場の牧草地から夏場の牧草地まで移動させた。そしてカサブランカで英語を教え、1961年にはマルコ・ポーロ・エクスペディションにおいてオックスフォード大学のカメラマンとなり、4ヶ月間オートバイに乗りスタンリー・ジョンソンティム・セヴェリンらと共にアフガニスタンからインドまでを旅する。1961年から1965年トリニティ・カレッジでフランス語や英語を専攻し、パリ高等師範学校の奨学金を勝ち取り、そこで1965年から1966年まで学ぶ。後にオックスフォード大学キーブル・カレッジ博士課程へ進むが、文筆業に専念するため途中で断念する。

作品リスト[編集]

〈ボリブル〉三部作[編集]

  • ボリブル とんがり耳の冒険者たち (The Borribles 1976)
  • The Borribles Go for Broke (1981)
  • The Borribles: Across the Dark Metropolis (1986)

その他[編集]

  • The Redwater Raid (1972)
  • A Rose Beyond the Thames (1978)
  • The Bunce (1980)
  • Jeeno, Heloise and Igamor, the Long, Long Horse (1983)
  • The Hollywood Takes (1983)
  • The Provençal Tales (1989)
  • Journal of a Sad Hermaphrodite (1992)
  • Foxes' Oven (2002)
  • French Leave (2002)
  • Princess Diana's Revenge (2006)
  • Spots of Time: A Memoir (2007)

外部リンク[編集]