マイケル・ターナー (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・ターナー Football pictogram.svg
Michael Turner2011.jpg
名前
本名 Michael Thomas Turner
カタカナ マイケル・トーマス・ターナー
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1983年11月9日(30歳)
出身地 ルイシャム
身長 193cm
体重 84.9kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ノリッジ・シティFC
ポジション DF
背番号 6
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2004
2003
2004
2004-2006
2006-2009
2009-2012
2012-
チャールトン・アスレティック
レイトン・オリエント
ブレントフォード
ブレントフォード
ハル・シティ
サンダランド
ノリッジ・シティ
0 (0)
7 (1)
16 (0)
75 (3)
129 (12)
61 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年8月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マイケル・トーマス・ターナー(Michael Thomas Turner, 1983年11月9日 - )は、ノリッジ・シティFC所属のサッカー選手。ポジションはDF

クラブ経歴[編集]

チャールトン・アスレティック[編集]

ターナーはロンドンルイシャムで生まれ、チャールトン・アスレティックでサッカー選手としてのキャリアをスタートさせた。インテルとチャールトンが提携を結んでいたため、その一環として、ターナーはインテルのU-19のチームで数ヶ月間トレーニングを受けた[1]。その後、チャールトンとプロ契約を結び、2003年3月からシーズン終了まで、レイトン・オリエントにローンで加入した。翌シーズンはリザーブチームでキャプテンを務め、クラブの最優秀若手選手に選ばれた[2]

ブレントフォード[編集]

2004年8月、ターナーは当初は1ヶ月のローンでブレントフォードに加入したが、期間が2ヶ月、3ヶ月と延長され、契約満了を迎えた2004年11月、ブレントフォードは完全移籍でターナーを獲得し、2年半の契約を結んだ(移籍金は未公表)[2]。ターナーはグリフィン・パークで高い評価を受け、2004-05シーズンは選手間の投票により選ばれる最優秀選手、2005-06シーズンはサポーター投票により選ばれる最優秀選手に選出された[3]

ハル・シティ[編集]

2006年7月、ターナーは350,000ポンドの移籍金でハル・シティに加入することになり、3年間の契約を結んだ。ターナーはフィル・パーキンソンが短期間指揮を執ったタイガーズで最初に獲得した選手であった。パーキンソンは契約について、「初めはチャールトン、次はブレントフォートで数年間彼を見てきた。私は彼を気に入っており、この契約が我々にとって素晴らしいものになると確信している。彼は昨シーズンのリーグ1で一番のセンターバックの選手であり、次のステップに進む準備は出来ている。チャンピオンシップでも問題なくプレイできる。」と、述べた[4]

2006-07シーズンは非常に低調なスタートを切ったが、ターナーのコンディションは徐々に向上し、彼の獲得はクラブがシーズンで得た成功の一つとなった。2007-08シーズン、クラブはプレミアリーグへの昇格を決め、ターナーはクラブの年間最優秀選手に選ばれ[5]、2008年4月にはクラブと新たな3年間の契約を結んだ[6]

ターナーは2008年9月に行われ、2-2で引き分けたエヴァトン戦でプレミアリーグ初ゴールを記録し、KCスタジアムで行われたウェストハム・ユナイテッド戦ではその試合唯一となるゴールを挙げ、1-0の勝利に貢献した。

ターナーは2008-09シーズン、プレミアリーグの全試合フル出場を果たしたが、フィールドプレイヤーでそれを記録したのは、ポーツマスシルヴァン・ディスタンとターナーの2人だけであった[7]。シーズン終了後には、クラブの公式サポーターズクラブが選出する最優秀選手に3年連続で選ばれ[8]、クラブの最優秀選手にも2シーズン連続で選出された[9]

リヴァプール[10][11]マンチェスター・シティなど複数のクラブへの移籍の情報が飛び交ったが[12][13][14][15]、ハル・シティの監督を務めていたフィル・ブラウンは現在届いているオファーについて「馬鹿げた評価」だと述べた[16]。しかし、2009年8月31日にオファーを受け入れ、サンダランドへの移籍が決定した[17]

サンダーランド[編集]

サンダーランドはターナーと4年間の契約を結んだ[18]。移籍金は当初公表されておらず、少なくとも600万ポンドには達すると見られていたが[19]、400万ポンドであったことが後に明らかになった[20]。また、契約条項により、移籍金の一部がチャールトンに支払われた[21][22]。サンダランドでのデビュー戦は古巣のハル・シティ戦であり、ターナーはチームの4点目のゴールを挙げたかに思われたが、後にカミル・ザヤットのオウンゴールに修正された[23]2009年9月27日に行われたウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦でサンダランドでの初ゴールを記録した[24][25]

ノリッジ・シティ[編集]

2012年7月、ノリッジ・シティFCへ移籍。

代表経歴[編集]

2008年10月の一連の良いパフォーマン受け、チームメイトであったディーン・マーニーイングランド代表に招集すべきだと述べ、ジョナサン・ウッドゲートマシュー・アップソンよりも優れていると主張した[26]。しかし、監督を務めていたフィル・ブラウンは現時点では「時期尚早だ」と話した[27]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]