マイケル・ソマレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・ソマレ

サー・マイケル・ソマレ: Sir Michael Somare1936年4月9日 - )は、パプアニューギニアの政治家。同国の首相を5期(1975年 - 1980年1982年 - 1985年2002年 - 2011年)務めた。国民同盟党党首。

パプアニューギニアで発行されている50キナ紙幣の裏面に肖像が描かれている。

人物・来歴[編集]

ラバウル出身。行政監理大学を卒業後、教員や放送記者を経て1965年にパング党を結成。1975年9月の同国独立で初代首相となり、「祖国の英雄」とされる。1997年に国民同盟党を旗揚げし、2002年6月の総選挙で同党が第1党になったことを受け、9月に就任した。

青年時代に日本に渡り、旅をして回った経験を持つ。2006年にも来日し、東京国際大学より名誉商学博士号を贈られた。

現在、シンガポールの病院に入院中。2011年6月に親族が、同年4月に健康上の理由で首相を辞したことを公表した。不在中の2011年8月に議会はピーター・オニールを新首相に選出したものの12月に最高裁判所が選出プロセスが違憲であったとしてソマレの復帰を指示した[1]。2012年5月21日に最高裁で再び首相として返り咲きを認められるも、6月の総選挙ではオニール率いる人民国民会議が第1党となり[1]、8月3日に議会が再びオニールを新首相に選出、ソマレもこれを認めたため、二重政府状態は解消された[2]

出典[編集]