マイケル・ギルバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・ギルバート
(Michael Gilbert)
誕生 マイケル・フランシス・ギルバート
1912年7月17日
死没 2006年2月8日(満93歳没)
職業 作家、弁護士
言語 英語
国籍 イギリスの旗 イギリス
最終学歴 ロンドン大学
活動期間 1946年 - 1998年
処女作 『大聖堂の殺人』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

マイケル・ギルバートMichael Francis GilbertCBE1912年7月17日 - 2006年2月8日)は、イギリス推理スリラー作家。

経歴[編集]

ロンドンで長らく弁護士として働き、その間にはレイモンド・チャンドラーがクライアントの一人だったこともある。1946年に出版された処女作『大聖堂の殺人』(原題:Close Quarters )から、1999年"Over and Out" まで精力的に執筆活動を続けた。警察小説スパイ小説法廷もの、古典ミステリ冒険小説犯罪小説など、およそ書きうる全てのジャンルを書きつくしている。ディテクションクラブのメンバーである。

インデペンデント・スクールブランデルズ・スクール、及びロンドン大学で学んだ。私立小学校でスペルの教師をした後、戦争が勃発、Honourable Artillery Companyに入り、北アフリカやイタリアで奉職した。1943年、北イタリアで捕縛され収容されるが、イタリアが降伏した後、帰還した。

子に、作家兼キャスターのハリエット・ギルバートと、インデペンデント紙のジャーナリスト、ジェラード・ギルバートがいる。

著書[編集]

ミステリ[編集]

# 邦題 原題 刊行年
イギリスの旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗
1 大聖堂の殺人 Close Quarters 1947年 2007年11月 今井直子 長崎出版
2 They Never Looked Inside 1947年
3 ひらけ胡麻! The Doors Open 1949年 1958年 中川龍一 東京創元社
4 スモールボーン氏は不在 Smallbone Deceased 1950年 2003年9月 浅羽莢子 小学館
5 死は深い根を持つ Death Has Deep Roots 1951年 1961年10月 中川龍一 早川書房
6 捕虜収容所の死 Death in Captivity 1952年 2003年5月 石田善彦 東京創元社
7 愚者は怖れず Fear to Tread 1953年 2006年2月 横井敬子 論創社
8 空高く Sky High 1955年 1960年1月 中川龍一 早川書房
9 Be Shot for Sixpence 1956年
10 Blood and Judgment 1959年
11 After the Fine Weather 1963年
12 The Crack in the Teacup 1966年
13 The Dust and the Heat 1967年
14 The Etruscan Net 1969年
15 The Body of a Girl 1972年
16 The Ninety-second Tiger 1973年
17 Flash Point 1974年
18 十二夜殺人事件 The Night of the Twelfth 1976年 1978年10月 大熊栄 集英社
19 The Empty House 1978年
20 ケイティ殺人事件 Death of a Favourite Girl 1980年 1981年9月 大熊栄 集英社
21 金融街にもぐら一匹 The Final Throw 1982年 1984年6月 山田順子 文藝春秋
22 The Black Seraphim 1983年
23 遥かなる復讐の旅 The Long Journey Home 1985年 1988年10月 水野谷とおる 角川書店
24 Trouble 1987年
25 Paint, Gold and Blood 1989年
26 The Queen Against Karl Mullen 1991年
27 Roller-Coaster 1993年
28 Ring of Terror 1995年
29 Into Battle 1997年
30 Over and Out 1998年

短編集[編集]

  • Game Without Rules (1968)
  • Stay of Execution (1971)
  • Amateur in Violence (1973)
  • Petrella at Q (1977)
  • Mr. Calder and Mr. Behrens (1982)
  • Young Petrella (1988)
  • Anything for a Quiet Life (1990)
  • The Man Who Hated Banks (1997)
  • The Mathematics of Murder (2000)
  • The Curious Conspiracy (2002)
  • Even Murderers Take Holidays and other mysteries (2007)
  • A Pity about the Girl and other stories (2008)

外部リンク[編集]